« はじまりました團菊祭♪ | トップページ | 「杮落とし」否「柿落とし」 »

2006年5月 3日 (水)

大鏡花祭り

鏡花三昧の幸せを、ちらし&ポスターで知ったのんきモノです。

「七月大歌舞伎」演目決定
平成18年7月7日(金)初日→31日(月)千穐楽
  泉鏡花/作
  坂東玉三郎/監修
【昼の部】
  一、『夜叉ヶ池』
  二、『海神別荘』
     美女             玉三郎
     公子             海老蔵
【夜の部】
  一、『山吹』
  二、『天守物語』
     天守夫人富姫       玉三郎
     姫川図書之助       海老蔵

すごいですね。すばらしいですね。七夕さまの日からえらいことが起こりますね。

もう鏡花はしばらく結構というほど鏡花づけ・鏡花まみれの7月を送りたいものです。

『海神別荘』をみて 泉鏡花を読み きれいな日本語だなあと思いました。7月を鏡花三昧ですごしたら、あたくしの言葉遣いもよくなるかしら・・

團菊祭の幸せ中に、またもやこんな幸せなお知らせ。幸せすぎて怖いわ。(おおげさ)

|

« はじまりました團菊祭♪ | トップページ | 「杮落とし」否「柿落とし」 »

コメント

>七夕さまの日からえらいことが起こりますね。
はっ!そっか~しまった~。七夕さまが初日だったんですよね?
イタタ、七夕の予定入れちゃった vv ・・・まだ冷静に考えられないうかれ坊主です。
はやくも後悔。

投稿: 恵美 | 2006年5月 3日 (水) 09時25分

外出には蓑笠を着用することとしましたとみでございます。
玉三郎丈の凄いところは,唯一度見ただけで虜になってしまうところです。見た回数が問題にならない,見た後どう生きたかが贔屓の指標と思われます(負け惜しみ~)。誰と見たかは忘れても,場面は忘れません。
さて,今の丈は,美も芸も最高峰です。時代を揺さぶり,女達に道を踏み誤らせる影響力は落ち着いておられても,媼には冥土の土産に,娘には次世代までへの語り草となることは確かかと存じます。

投稿: とみ | 2006年5月 3日 (水) 10時10分

恵美さま
7月が、どえりゃー月になるなんて・・・
とにかく歌舞伎座のことは、早く知らせて欲しいものですね。予定の中心なのだもん。

とみさま
たしかに・・・玉さまは何度も観たいというより、観ておきたいという感じです。私も場面で思い出します。「見た後どう生きたかが贔屓の指標」ですか。なるほど。見た事をまだいかせてはいないけど、なんかわかります。深いお言葉。

投稿: かいちょ | 2006年5月 4日 (木) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/1654716

この記事へのトラックバック一覧です: 大鏡花祭り:

« はじまりました團菊祭♪ | トップページ | 「杮落とし」否「柿落とし」 »