« たった700円ぽっちで・・ | トップページ | まねっこ »

2006年5月17日 (水)

『狐罠』

北森鴻の『狐罠』(講談社文庫)を読み終わってしまった。あーあ。 『狂乱廿四考』で、すごいなぁこの人と思った。 それならばと、おさるに『凶笑面』『即身仏』と蓮丈那智フィールドファイルシリーズをすすめられ、読んでまたうなった。 今回はもっとうなった。すごいものがてんこもりすぎ。贋作作りへのこだわり。学芸員の裏の世界。骨董品や騙しあい地獄。そこにサツの旦那方まで、うまいことからんできて。プロのプライド合戦だね。おまけに恋愛の要素も忘れてない。(これ基本!) 職人のがんこさが格好いい。こんなに、あれこれ盛り込んでもったいないなぁ。ちょっとは出し惜しみすればいいのにと余計なことを思う。(つめこみすぎがくどいわけでは決してありません。)おみごと!な本でした。読み終わるのが惜しかった。でも『狐闇』『緋友禅』という 旗師・冬狐堂の魅惑のシリーズものが文庫で既刊なので、ホクホク。楽しみ。

|

« たった700円ぽっちで・・ | トップページ | まねっこ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『狐罠』:

« たった700円ぽっちで・・ | トップページ | まねっこ »