« 『ひな菊の人生』 | トップページ | ヘンテコサンドゥイッチ »

2006年6月14日 (水)

『天使はモップを持って』

「天使はモップを持って」
近藤史恵発見!と購入。梨園ミステリーといえばこの方。トリックは?と思うのだが、ひんやりとする人物の描き方が好き。
この作品は文体がちょっとちがう雰囲気。とっても読みやすい。といっても軽いわけではなく すがすがしい一作。キリコにも大介にもおおいに肩入れした。
掃除できないことは、もはや病気の域に達していると懸念されるわたくしには、ハッとさせられる言葉が入っていました。
前をむいて顎をあげて生きている人の話って好き。(屈折してるのも好きだけど)
移転前の会社のビルにいた、お掃除のおばさまが好きだったことを思い出しました。上品なの。上野の美術館に出展されているような陶芸家のご主人の未亡人という感じの方。(今でもそう思い込んでいます)たまに一言二言お話しするのを楽しみしてました。
ひな菊の人生とは、濃さが異なりますが、大切なものがそこにはありました。
キリコシリーズの次作も、ジョイ・ノベルスより既に出ているようだ。文庫化を待つ。

|

« 『ひな菊の人生』 | トップページ | ヘンテコサンドゥイッチ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『天使はモップを持って』:

« 『ひな菊の人生』 | トップページ | ヘンテコサンドゥイッチ »