« プロジャクトでぇく | トップページ | 『日暮らし(下)』 »

2006年6月30日 (金)

『日暮らし(上)』

宮部みゆきさんの時代ものはいい。それを再確認できる本です。いいのは、時代ものだけではないのですがね。いったい、この人はどうなっているのだろう?80すぎの人生を重ねたきた人にも思えるし、少年少女の視線もわかるし。犯罪者の考えていることもわかる。
この作品は、他の宮部時代劇作品と登場人物とリンクしていて、あれこれ読みかえしたくなります。
帯に、「読み終わるのがもったいない」とありましたが、まさにその通り。「暮らし」がいい小説です。タイトルもいい。
美形の弓之助くんってどんな顔なのかなあと想像しつつ下巻へ。

|

« プロジャクトでぇく | トップページ | 『日暮らし(下)』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『日暮らし(上)』:

« プロジャクトでぇく | トップページ | 『日暮らし(下)』 »