« 皆、休息をなさい | トップページ | 電通マン「カンオー」 »

2006年7月18日 (火)

『ぼんくら(下)』

『ぼんくら(下)』(講談社文庫)を再読。
あれっ こんなにものすごいミステリーだあったかしら?!と楽しむ。  忘れっぽいのって(ぼんくら?)って便利。 再読も、こんなに楽しい。 人物の描き方の確かさとか、人情とか、そういうものはもちろんいいのですが、思っていた以上にドラマチックでした。 つらい気持ちも、この愛すべき人々が助けてくれる。弓之助とか、おでことか。目上の人に対する言葉使いとか、位をわきまえた話し方とか、人情とか、しがらみとか、一見 面倒くさそうなことですが、大切にしなくてはいけません。礼儀正しく対応しつつ口を尖らせるとか、そういう背景があってこそいきてくるシチュエーションのよさをも楽しみました。 佐吉にはぐっとくるし、お徳さんにはしかられたいほど。 平四郎さんと一緒になって、口のなかにいやぁな味が広がったと思ったり、いい思いをするためだからっていっても 面倒くさいことをよくもまぁマメにやるなあと思ったり。 案外、ひきこまれて読みました。
もうちょっと、続けて宮部時代劇を読み直そうかしら。

|

« 皆、休息をなさい | トップページ | 電通マン「カンオー」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼんくら(下)』:

« 皆、休息をなさい | トップページ | 電通マン「カンオー」 »