« 南無三寶 | トップページ | つぎつぎに »

2006年7月 9日 (日)

『号泣する準備はできていた』

江國香織さんの『号泣する準備はできていた』を読む。
以前は、江國さんの文庫でたら飛びついて買っていたのですが、最近はちょっと悩む。
女性のなんともいえない、説明のつけようのなさが、ちゃんと文章になっているなあと思う。だけれども、私の読みたいと思うものと温度差がある気がする。女って感がつよい。(ちょっと裕福すぎだし。)
同じものばかり書いていても仕方ない。かわらなくてはいけないし、いい意味で裏切りも期待する。
でも、私は『神様のボート』『こうばしい日々』や『つめたい夜に』のような、家族の間の空気感が好き。あの不思議さが、とっても好き。
やっぱり これからも、ちょっと迷ってもずっと読んでいくのだろうな。

|

« 南無三寶 | トップページ | つぎつぎに »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『号泣する準備はできていた』:

« 南無三寶 | トップページ | つぎつぎに »