« 嵐の藤間会(否 松緑丈)~藤間会追記~ | トップページ | 『深川黄表紙掛取り帖』 »

2006年8月10日 (木)

『さよなら、スナフキン』

うんうんうん。うなずきまくって読みました。 山崎マキコさんの『さよなら、スナフキン』(新潮文庫) おさるの勧めで読んだ『マリモ -酒漬けOL物語-』(新潮文庫)もよかった、そしてこれもいい。世界一不器用な大瀬崎の愛すべきオタオタぶり。この環境を逃したら、あたしなんかの居場所があるわけないってしがみつく切実さに、胸がいっぱいになりました。わかるっ。しばしば思い悩むもの。
読んでいるうちに「よく会社づとめできているなあ」と今の自分が就職しているこ とが(働き口があり、働けば毎月お給料をもらえることが)奇跡のようにもおもえてきました。
想像して妄想して考え込んで。その考えに、おいつめられっちゃったり、人生あきらめちゃったり。もう我が事のように読みました。ふー。
でてきた答えがよかった。奇跡も起こらず、王子さまが迎えにくるでもなく。道がみえたわけでもなく。でてない答えがよかった。

|

« 嵐の藤間会(否 松緑丈)~藤間会追記~ | トップページ | 『深川黄表紙掛取り帖』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『さよなら、スナフキン』:

« 嵐の藤間会(否 松緑丈)~藤間会追記~ | トップページ | 『深川黄表紙掛取り帖』 »