« 道楽ツナギ (かまわぬ~稚魚の会 の巻) | トップページ | 『ミカXミカ!』 »

2006年8月28日 (月)

『ミカ!』びっくり

伊藤たかみの『ミカ!』(文春文庫)を読む。
父が『ミカXミカ!』を買ってきた。初「伊藤たかみ」なのに、なぜ飛ばして読むの?!と思い『ミカ!』を買ってきました。 父いわく、中学からでいい。(小学校はいいんだ。って何故?)。
読み始めて、???コレ読んだかも。そんな気が。
小学生ものも、案外すき。昔のドキドキ感とか、親に思う気持ちとか、気になるのに気にならない振りをするとか、寂しさとか、ワクワクとか。そういう感じにあふれていて、気に入りました。 よく、今ごろ(大人になって)書くことができるなあ。
そして自分にもびっくり。なせ2回も買うのかな?明日は、『ミカXミカ!』を読もうっと。楽しみ。 しかし、これも買ったような気がしてならないなあ・・

|

« 道楽ツナギ (かまわぬ~稚魚の会 の巻) | トップページ | 『ミカXミカ!』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ミカ!』びっくり:

« 道楽ツナギ (かまわぬ~稚魚の会 の巻) | トップページ | 『ミカXミカ!』 »