« いま青森が熱い | トップページ | UDON »

2006年9月10日 (日)

見物左衛門を見物の巻

一昨日、宝生能楽堂にて「銕仙会9月定期公演」をみて参りました。
初めて見る、見物左衛門を楽しみに出かけました。
まずは お能から。「竹生島 (女体・道者)」
面白かった。
お能を面白いと思ったのは、初めてかもしれません。 今までジーンとしゃったのは(そこまで理解できたのは)、乾之介さんの素袴の「俊寛」だけ。 翁と道成寺、安宅は大好き。 他のものは ちゃんと起きてみていても、最後になってもいまいち話のすじがつかめないことがしばしば という未熟者。ここがすごいなあ ほぉーという 部分部分を楽しむレベルの まだまだな鑑賞者です。 これは、面白かった! 全文と現代語訳のサイトを発見し、その資料を片手にみたのがよかったのかしら。 美しい表現の仕方などに気付き感心しちゃった。 わかりやすく、きれいで、アイ(狂言方)が5人もでて その上大活躍をして、最後は スペクタクルなの。 目からウロコの面白さ。
通常の間狂言<岩飛>は、クサメ留メ。 「くっさめ」と はくしょんをしてしめる。今回は替間<道者>。 能力が竹生島の由来を述べ、参詣人(夫 妻 夫 妻 の4人)に殿御を頭に戴く弁財天を拝ませる。霊宝を拝ませてもらい、祈念してもらった道者たちは、「我らも殿御を戴きて いよいよ楽しくなるべし」と妻が夫を肩車したの! なるほど妻の頭に殿御を戴くということになりますが・・・ あぁ びっくり。 そのまま「めでたけれ」謡いつつ橋掛かりへ。 宝物の説明も楽しく、2列前の席でコックリコックリ寝ていた高校生も起きてました。
間の後、弁財天が姿を見せ舞を舞う。通常の金銀の絢爛なものでなく白い装束がきれいでした。 ついで湖中から龍神が現れる。 その龍神が、いまだかつてみたことないキビキビした舞。 囃し方が力強く盛り上げる。 格好いい。 龍神が持ってきた宝珠がすごい。効力がありそうでありがたい。 それを臣下に与え去っていきました。
面白かった。竹生島に行きたくなりました。実際にお宝が収められているそうです。

次にお楽しみの見物左衛門(深草祭)。 これは、和泉流だけにある演目。しかも独り狂言。 一度見てみたかった演目の一つでした。 萬斎師は、涼しい顔をして演じていらっしゃいましたが、息があがるのだろうなあ。 のんびりとした、おおらかな空気が流れていました。さすが。 あちこち祭りを見物した見物左衛門が、相撲が かかっているのを見つけ、人ごみを掻き分け相撲を見物。ついに自分も相撲をとっちゃう。一人で勝ったり負けたり。 能舞台という何にもないところで、相手までなしで 表現しちゃうなんてすごいなあ。

ここまでで、2時間以上。あまり長く感じませんでした。 たっぷり堪能しましたし、くたびれちゃったので 「清経」を見ずに失礼してしまいました。

能楽堂は、いい。 声、音、動作のひびく音がいい。 正面席の壁際だったため、作り物「小宮」の裏側より 後見の野村四郎さんがシテ方を着付けているところも ちょっと見えました。密かに舞台写真をとるカメラマンの方が気配を消そうとしているさまとか いろいろと面白かった。 そして、理解が深まっていくにつれ、面白みが増していくとを実感した一日でした。 あー面白かった。

|

« いま青森が熱い | トップページ | UDON »

コメント

>かいちょさま
能楽も射程に…。能楽堂の雰囲気はいいですね。エンタテイメントとして楽しめるようになるまでは時間がかかりそうですが,様式性や普遍性のあるドラマツルギーに惹かれます。
竹生島の道程が通勤コースです。帰りの電車の中で「た~け~にぃうぅまるるうぅぐいすの。た~け~にぃうぅまるるうぅぐいすの。中略。におの入り江に着きにけり」とか謡うことも…。
ぜひ竹生島旅行に!

投稿: とみ | 2006年9月12日 (火) 20時11分

うわぁ、とみさま
そんなステキなところが、通勤コースなのですね。
竹に生まるゝ鶯乃ってところから、いいですね。
通勤中につい、謡が口に出るっていうのがステキ。
そして、似合うところですね。
ぜひ、竹生島旅行をと思っております。本当に。

投稿: かいちょ | 2006年9月12日 (火) 23時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見物左衛門を見物の巻:

« いま青森が熱い | トップページ | UDON »