« 見物左衛門を見物の巻 | トップページ | キネマ旬報 »

2006年9月10日 (日)

UDON

今日は、10月歌舞伎座切符購入に奮闘しました。 無事確保。ほっ。
これで やっと10月の国立劇場が取れるわ と思い電話してみたら、土日祝日完売ですって。むむむ。

「UDON」をみてきました。 金毘羅を思い出わ。 おなかを減らして見に来ないでくださいというコメントに納得。 あー おいしそうだった。 面白いだけかと思ったら、いい映画でした。 おしゃれなカモメ食堂と逆の描き方。肩肘はらずに淡々とがんばる。センスのいいものをひとつひとつ大切に使うカモメ食堂。 素朴とか言う言葉すら気取ってみえる暮らしの中、これしかできないんだと頑固一徹に淡々と続けるUDON。 どちらも、おいしものの大切さ。 家族の大切さ。 毎日をちゃんと積み重ねる地道な暮らしがいいよ、ってことを教えてくれます。 要所要所に出てくる人達が贅沢ですし。 トータスは格好いいし。 ブームの怖さもきちんと書かれていて。 えー話でした。 笑って、笑って、笑って、泣きました。
出口のない海の予告編にも、ちょっとグスっときました。いよいよ今度の週末だわ。 阿部ちゃんが、「タイムマシンに乗ってバブルを止めて来い!」と広末涼子を送りこもうとする映画の予告編に噴出しそうになりました。 バブルをとめろって!?難解。 やっぱり邦画最高。

|

« 見物左衛門を見物の巻 | トップページ | キネマ旬報 »

コメント

ハローかいちょ
ワタシは蕎麦派だけど、香川のうどんはかなり迫力の旨さらしいね。
食べてみたーい!
この映画、確かコヒさん出てたよね。
二枚目役??
あと、バブルを止める映画って何だろう。気になります。

投稿: noppy | 2006年9月12日 (火) 22時54分

コヒさんはね、インしてたよ。シャツを。
京香ちゃんのダーリンでした。
あとね、キャナメもでてますよ。
うどんだから、ほっしゃんも。

バブルをとめるタイムマシンは洗濯機みたいなのでした。コインランドリーの。

投稿: かいちょ | 2006年9月12日 (火) 23時18分

ええっ!キャナメ出てんの!?
それマスト物件かも....
確かにキャナメも香川出身。
わしの義理妹と同じ学校だったらしい。イイね!

うどんだからほっしゃん、の意味はよくわかりません。
お前に食わせるうどんはねぇ!とか言うの?
(テキトー)

投稿: のっぴ | 2006年9月12日 (火) 23時25分

鼻から吸って口から出すのが、持ちネタの人じゃなかった?ほっしゃん。
あとね、蝉之助っぽい人もいたよ。
升毅のもと、ラーメンズの片桐と小西まなみと働いていたよ。キャナメ。大学院生だった。好きそう。
でもね、一番すてきなのは、まちがいなくトータスよん。

投稿: かいちょ | 2006年9月12日 (火) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/3392286

この記事へのトラックバック一覧です: UDON:

« 見物左衛門を見物の巻 | トップページ | キネマ旬報 »