« 『ウェルカム・ホーム!』 | トップページ | 『あやし』 »

2006年10月24日 (火)

『あかね雲』

家に文庫本を発見。いまごろですが、山本一力の『あかね雲』(文春文庫)を読む。
どうして?とか、本当はそうじゃないよ。とか 力がはいりつつ読みました。 いい人なのに、なんでそうなっちゃうのだろう。そんなすれ違いにハラハラしつつ、涙ぐみつつ、見守りつつ読みました。
京都の豆腐職人が江戸で店を開く。京都の豆腐は、江戸のと違う。生き方の違い。思いやりのすれ違い。いろんな違いに翻弄されつつ、必死にいきていくさまは読み応えがありました。  人の描き方がいい。今回は 断然 栄吉に肩入れしつつ読みました。あと息子の悟郎にも。
うまくいかないんだもん。胸躍る話でもないし。それでも筋を通すことを大切にし、しっかり生きている様は格好よかった。 あと、悪者はやっぱりわかりやすかった。
おくればせながら、直木賞受賞おめでとうございますと祝わせていただきます。

|

« 『ウェルカム・ホーム!』 | トップページ | 『あやし』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『あかね雲』:

« 『ウェルカム・ホーム!』 | トップページ | 『あやし』 »