« 品川教会ネブラスカ | トップページ | 冷やかしはごめんだよ »

2006年10月16日 (月)

『トリツカレ男』

黒のハイソックスをはいていきました。 あれ?右と左の柄が微妙に違う・・・ 会社に行ってから気がつきました。トホホ。
買っただけになっていた、いしいしんじの『トリツカレ男』(新潮文庫)を読む。生きている人の童話なのだなあ。アンデルセンとかじゃなくて。もしかしたら、どこかで見かけるかもしれない現代の人なのだなあ。 生きている人じゃないみたいな時代感があり、そこがよかった。 やさしすぎないし、甘すぎないし。いいな。
いしいしんじさんと、minä perhonen デザイナーの皆川さんが、並んでいるところを見かけたら、どっちがどっちかわからないかも。

|

« 品川教会ネブラスカ | トップページ | 冷やかしはごめんだよ »

コメント

いしいしんじさんと皆川さん、確かに似てる!
そしていしいさんルート66...皆川さんは67かな。
トリツカレ男から、好きなものが沢山あるって無駄じゃない、
つうことを学んだ記憶があります。
ワタシは『プラネタリウムのふたご』が待機中です。

投稿: noppy | 2006年10月17日 (火) 03時08分

うんうん。
すごーく好きだから、とりつかれちゃうって程、極めたらいよね。がんばろうぜ。

投稿: かいちょ | 2006年10月19日 (木) 22時45分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『トリツカレ男』:

« 品川教会ネブラスカ | トップページ | 冷やかしはごめんだよ »