« 『風の置手紙 -渚と澪と梶-』 | トップページ | 大人の修学旅行 »

2006年12月21日 (木)

『犬神家の一族』

佐清さんが表紙よ!と教えてもらい、『犬神家の一族』(角川文庫)を購入。
「たぶんあんなきれいなひとは、日本にふたりとあるまいという評判でございますわ」の珠世さん。そこまでのカリスマ性は、映画では出ていなかったみたい。生茶のCMの方が雰囲気があるような。 そして佐清さんは、美しい人だったのですね。「あのたぐいまれな美貌は、いまは、見る影もなく毀損されて ・・・」育ちのよさからくる気品ある美しさだけでなく、絶世の美しさだったのですね。その美しい顔だからこそ、損なわれるということがこんなに意味をもつのか。菊之助さんだからきれいなのだものと、本を読むときは美貌を割引いて読んでいたのですが・・・そのままの想像でよかったのね。
DNA鑑定とかなかったのよね。現代の方が、人の思考の隙間をかいくぐった 技術を伴わなければ成立しない殺し方なのかも。 もしくは奇をてらうためとか。 あと意味もなくとか。 凄惨な殺し方は今よりも 独創的だなあっと思った。 話の進め方が丁寧だと感じた。 なんだか、小学生のころ江戸川乱歩を好んで借りて帰ってきたときのような楽しさだわ。
頭の中で 映画で
みてきたばかりのキャストを動かしつつ読む。なので横溝作品のすごさなのか、映画のすごさなのか判別が難しい。もう一冊読んでみようっと。何にしようかしら。2冊買うと「金田一耕介デザイン」皮製ブックカバーに応募できるの。そういえば藝大の皮製のブックカバーも欲しかったのだったわ。この野望は来年あたりに。ブックカバーバカーです。

|

« 『風の置手紙 -渚と澪と梶-』 | トップページ | 大人の修学旅行 »

コメント

観てきました~♪やっぱり面白いわ、犬神家の一族。
>凄惨な殺し方は今よりも 独創的だなあっと思った。
今時のキレての殺人事件と違って、あくまでも大義名分ある計画殺人ですからね~。やっぱり芸術的にやって戴かないと、小説的にも映画的にも美しくないものね。
ある意味、歌舞伎ですね。
久々にTBしま~す。

投稿: 恵美 | 2006年12月24日 (日) 00時08分

恵美さま
面白かったですね、「大義名分計画殺人~犬神家の一族~」
まわりに勧めているところです。
もらったスケキヨマスクどんなの?って話になってしまいがちです。

TBとやらありがとうございます。
いまだ、リンクとTBの技術を取得していない かいちょであります。

投稿: かいちょ | 2006年12月25日 (月) 23時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『犬神家の一族』:

» 犬神家の一族 [酔うて候]
犬神家の一族、さすがは市川崑監督です!映像が「恐ろしく美しい」のです。 市川崑 [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 00時09分

« 『風の置手紙 -渚と澪と梶-』 | トップページ | 大人の修学旅行 »