« 『ドミノ』 | トップページ | 『ついていない日々の面白み』 »

2007年1月23日 (火)

『海老蔵そして團十郎』

ゲホッゲホッ。風邪を ぶり返し衰弱中。道楽意欲も起きないよぉ。
あたくしの夜中のせきを止めてくれたら、財宝をあげてもよろしくてよ。って感じ。お宝持ってないのだけれど。

あったかくして読書に勤しむ日々でした。
おさるのブログを読んで、文庫化されたとこを知りました。記念に再読。関容子さん『海老蔵そして團十郎』(文藝春秋)。
團さまの大きさを再確認。どっしりかまえていてくれる人がいるって安心。團さまって、お父様を早く亡くされたり、お目みえが遅かったりと、いろいろと大変そうな少年・青年時代なのに、どうしてああ あたたかかく、おおきく、のどかな人になれるのでしょう。強いなあ。でっかいなあ。ますます贔屓になりました。そのでっかい團さまのもと、やんちゃに暮らせる現海老さまがいるのですね。そして、カリスマなじいちゃんにあこがれつつも、父のでっかいところをちゃんとみていて尊敬しているところがいい。気難しいという話をよく読む、十一代目の海老さま。その素顔の素敵さと、どんなにか格好よかったのだろうと想いをはせました。これからも、成田屋贔屓邁進しますぞ!
関容子さんの本って、本当にとりあげる役者を惚れさせるなあ。筆者自身が惚れていて、かつ信者のような書き方をしないのがいい。
裏表紙の11代目の團さまの写真。いつみても素敵。うっとり。奥村書店のレジの奥の鏡の写真くらい い写真だと思う。これ、文庫の裏表紙にも採用されているのかしら?

|

« 『ドミノ』 | トップページ | 『ついていない日々の面白み』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『海老蔵そして團十郎』:

« 『ドミノ』 | トップページ | 『ついていない日々の面白み』 »