« 『海老蔵そして團十郎』 | トップページ | 夢の美術館 »

2007年1月24日 (水)

『ついていない日々の面白み』

わたくし人の日記を読むのダーイスキ。といっても、なかなか人のものを読めるものではありません。出版されているものを読んでいますのでご心配なく。吉本ばななさんの新刊がでていたのでホクホク読む。『ついていない日々の面白み』(新潮文庫)
XX月XX日 私の知らない人があーしたこーしたっていうだけなのに。なんでこんなに好きなのだろう。暮らし振りがあまりに違う人の毎日って面白い。作品を創り出す人の辛さ、真剣さ。一般人の心ない言動にはっとしたり、親子の関係にジーンとしたり、食べているものに興味をしめしたり、今回も楽しみました。子供の言動が特に楽しみ。しかし、人の子供はどんどん育つねぇ。

|

« 『海老蔵そして團十郎』 | トップページ | 夢の美術館 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ついていない日々の面白み』:

« 『海老蔵そして團十郎』 | トップページ | 夢の美術館 »