« 『舫鬼九郎』 | トップページ | 『ドミノ』 »

2007年1月23日 (火)

『のばら』

だらだらしているときには、ドロドロしたものを・・・
ということで、林真理子女史の『のばら』(文春文庫)を読む。むかーし、よく読んでいたのになあ。ぷっつりと読まなくなっちゃった。
梨園と宝塚よ!つきあってるのよ!と聞き、ホクホク読む。いやーもう大変。普段感じない部分をぐんぐん広げて読みました。えらいこっちゃ。ははーんこういうことになってるのねと、しまいには猜疑心まで持ちました。梨園とか疲れた芸術家とか、うまいとこついてくる。少女漫画のように、お気楽にハッピーになっていかないの。あたりまえだけど。もう人生に疲れちゃった。
ということで、具合の悪い時には向かないかな。
私たちって、ずっと不幸にならないような気がしない?って、ニコっと友と微笑み合えるような容姿で、暮らしてみたいと思った。数日でいいから。術にはまったか。 でも、さえなくても自分でいいな。ただし元気なわたしに限る。

|

« 『舫鬼九郎』 | トップページ | 『ドミノ』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『のばら』:

« 『舫鬼九郎』 | トップページ | 『ドミノ』 »