« 『のばら』 | トップページ | 『海老蔵そして團十郎』 »

2007年1月23日 (火)

『ドミノ』

以前、本屋さんの平積みの前で恩田陸さんの『メイズ』を発見したときに、おさるに「わたしドミノ読んだ?」と聞き困らせた。たとえ読んでいなくてもメイズを読んで大丈夫と解答をもらう。
おうちにありました!恩田陸さんの『ドミノ』(新潮文庫)。そして読んでいました。発見記念に再読。
こんなに人が出てきて、それが関係しあっていて、どれもこれも進展して、どうにかなるというすごい話。よく、みんなどうにかなったなあ。すごい。面白い。子役の悲哀なんて切ないの。うまいねえ。 どれも、それで本が一冊かけそうな関係性。
でも、いつもの恩田陸さんを読むときに思う大事にしたいっていうより、やや2時間ドラマよりな感じ。ややですが。(ドラマっぽいシチュエーションがいくつかあったからかな?)
さぁ次はメイズだ!しかし、本屋に寄るのまでおっくうだ・・ どうした私。

追記;
今日、本屋さんによって『メイズ』→『クレオパトラの夢』の順ということに気がつきました。あちゃ。 でも、まだ2冊も読んでいない恩田陸文庫があるということがわかった。ほくほく。

|

« 『のばら』 | トップページ | 『海老蔵そして團十郎』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ドミノ』:

« 『のばら』 | トップページ | 『海老蔵そして團十郎』 »