« 『ガールズ・ブルー』 | トップページ | 遅ればせながら・・・ »

2007年2月14日 (水)

オールド パンチ  男達の挽歌

先週末、TV(芸術劇場)で、パラダイス一座の『オールド パンチ  男達の挽歌』を鑑賞。 チラシをみただけでは、きっと足を運ばなかっただろうなあ。何げなく見始めたのに、最後まで見入っちゃった。これが渋くて、あったかくて、大層面白いの。
おじいさんたちが、ヨロヨロ大騒ぎ!そんな芝居です。
舞台は昔の古い信用金庫。おじいさん達に人質にとられているのは、女子行員2人・支店長と男性行員の計4人。上司におべっかを遣う男性。いばりちらす上司の愚かさとかが、なかなか可笑しい。いつの間にか、ヨロヨロのおじいさんたちの見方をする女子。(そうだそうだ!) 元支店長が塩野谷さん。うさんくさい髪型で、エバリ方が半端でない。相変わらずウマイ。この人も人質に加えられてしまい、おじいさんたちに振り回さる。 勝手にエバリ始めるおろかな男性達。そんな時のおじいさんたちのとっぴな言葉のいいこと。
話は、なぜか戦争の話になる。泣き笑いしながら聞いた。「
関係ないなんて言うな。あったことをなかったことになんかしちゃいけねえんだ」とうったえる言葉は、きれいごとでなくよかった。胸に染みた。その言葉を聞かそうとして、諭した言葉は「だまって話を聞け。5分だけでもいい」ですって。いかしてるぅ~。 タイガー&ドラゴンかと思えば、「問われて名乗るもおこがましいが~」と、爆弾造りの勘兵衛だと名乗ったり、「しがねえ恋の情けが仇~」って始まったり・・・ もう、見入っちゃいました。まじめかと思えば、かなりトンチンカン。 三味線と三味線ひきを よんで来る様 要求し、新内を語ったりしてました。 越路吹雪になりきり「ろくでなし」唄ったり。  笑っているうちに、シュンとしたり、泣いたり。あったかいお芝居でした。
流山児さんの呼びかけで、3年限定で組んだパラダイス一座は、平均年齢78歳。演劇界の重鎮ぞろい。90歳の新人俳優、戌井市朗さんは文学座演出家。現役最高齢の演出家だそうです。本多劇場の本多一夫さん(劇場経営者)、中村哮夫さんは、ラ・マンチャの男や、ファンタスティックの演出家ですって。
ビデオ映像で登場は、岩淵達治さん。ドイツ文学者・演出家。ブレヒト研究の第一人者ですって。(ステキ!)マック ザ ナイフがかかっていました。ゆかりちゃんにチューされた跡をほっぺに残したまま出演。 あと、観世榮夫さんも。
音楽は、世界的に有名なピアニストさんの生ピアノ。 舞台装置は妹尾河童。 ポスターと題字はアラーキー。贅沢。
上演場所は、なんと「ザ・スズナリ」。次回公演は年末だそうです。気にしておこ うっと。

今日は、バレンタインデー。 ご老体達に想いをはせている場合じゃない?

|

« 『ガールズ・ブルー』 | トップページ | 遅ればせながら・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/5342583

この記事へのトラックバック一覧です: オールド パンチ  男達の挽歌:

« 『ガールズ・ブルー』 | トップページ | 遅ればせながら・・・ »