« 「殿のちょんまげを切る女」 | トップページ | 『ガールズ・ブルー』 »

2007年2月12日 (月)

小島烏水版画コレクション展

駅貼りのポスターがとってもかっこよくて気になっていた、「小島烏水版画コレクション展-山と文学、そして美術-」を見に、横浜美術館に行ってきました。銀行員のコレクターが集めた版画かぁなんて思っていったら、結構なコレクションで・・・サンフランシスコ支店長をなさっていた方なのですね。銀行員(支店長)であり、アルピニスト作家にしてコレクター。与謝野鉄幹・晶子夫妻ら文学者と親交があり、明星などに寄稿。はぁー。一時みずゑの編集長もなさっていたとか。ほぉー。
ゴッホの医師ガシェの肖像などなど洋物の版画、国周・国芳・豊国などなど浮世絵もたんまり。
それがね、歌右衛門や海老蔵(五代目)の死絵、吉三の菊五郎、仁木弾正の彦三郎、などもう興味深いものがいっぱいなの。小団次、梅幸、三津五郎、芝翫・・ウハウハ。国周の「かべのおかたきいろいろ」は、壁に助六 だの 白たま だのの ひっかき傷風のにがおえ落書きという構図の作品。なかなか。センスのいい作品ばっかり。
北斎、広重、ゴッホ、ピカソ、ルノワール、マネ、ドガ、セザンヌ、ゴーギャン、ムンクと有名どころ。全部版画なのが面白い。
茨木猪之吉(いばらぎいのきち)という画家が、烏水宛に出した絵葉書が、ほのぼのしていて気に入ったなあ。ヒゲもじゃもじゃの熊男のような画に、年賀の言葉がかいてあったり。
近代に入ってからのキッチュな版画は、赤穂浪士や、団扇絵や、足袋型紙など楽しかった。雪だるまの画のだるまは、今の雪だるまじゃなく 選挙で目を入れるあのだるまの形でした。
掘り出し物がいっぱいありました。
烏水(うすい)という雅号は、「鵜の真似をする烏水に溺る」という自戒の一節に由来すると言われているそうです。

平常展も、なかなか。 新規寄贈作品ということで、奈良美智さんの「『アルゼンチンババア』のコラージュ」という連作がありました。KAI-TENという、有人魚雷をモチーフにしたらしいという作品もありました。 シュールレアリズム特集もよかった。 最後の写真コーナー。「秋山庄太郎」もの。ジプシーローズからはじまる、モノクロのポートレート集。 文壇の重鎮が、みんな煙草を手にしているポートレート。かっちょいい。
最後のコーナーは女優コーナー。司葉子さんかわいい~♪もうとびっきり。岸恵子さんやら、越路吹雪さん。朝丘ルリ子さんがかわいい!そして、藤純子さん。かわいい。その上、清純なの。いやー眼福。眼福。

|

« 「殿のちょんまげを切る女」 | トップページ | 『ガールズ・ブルー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/5315024

この記事へのトラックバック一覧です: 小島烏水版画コレクション展:

« 「殿のちょんまげを切る女」 | トップページ | 『ガールズ・ブルー』 »