« 判官贔屓 | トップページ | 『詩歌の待ち伏せ1』 »

2007年3月12日 (月)

『天使と悪魔』中・下

読み返し完了。上の途中で思い出した!と思った結末は一部だけでした。またまた ええええーと驚愕。 かなり、ハラハラしました。
ハラハラといえば、ジュラシックパークを読んだ時もハラハラしたなあ。ときに上巻の終わりのところ。エライこっちゃ~というとこで終りました。これはまだまだ覚えているので、もう少し寝かしてから読み返そうっと。これは、本に余りに迫力があったので映画はみませんでした。
ビバ、ダン・ブラウン。ぐんぐん引き込むので、最寄駅についたときに続きが読みたくて寄り道にてお茶でも飲みつつ続きを読もうかと思ったほど。あぁ面白かった。
次は『ダヴィンチコード』再読か?

|

« 判官贔屓 | トップページ | 『詩歌の待ち伏せ1』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『天使と悪魔』中・下:

« 判官贔屓 | トップページ | 『詩歌の待ち伏せ1』 »