« ねぇ おじさま  | トップページ | 左團次(地団駄)踏んで~ジタバタ~ »

2007年3月16日 (金)

天草四郎時貞

近代フィルムセンターにて「天草四郎時貞」鑑賞。 大川橋蔵さん主演なのでいそいそとでかける。私にとっての銭形平次は大川橋蔵さんです。(祖母が、大好きだったの。)
大川橋蔵さん♪って軽い感じで出かけたら まぁ大変。問題作でした。
The「大島渚監督作品」って感じ。あまり知らないのだけど。なんて個性的なの。最初は、時代劇なのになんかバタくさい感じだなあ。拷問シーンが生々しいし、長すぎ。もう助けて~とか思ってました。 大川橋蔵さんだけ妙に上品なの。あどけないっていうか。(色っぽいのかな?) いい意味で周りの人と違うの。選民感がよくでてました。
だんだん、シビアになってくて・・一揆を引き起こすしかない農民の憤りみたいなのは、よくわかる。精神論的な討論がすごかった。玉砕覚悟は同じなのに対決するの。あつかったわ。学生運動をスマートにした感じ?! こういうのが、好きかどうかはおいておいて、ものすごかった。徹底的でした。 映画を撮るって命がけだという迫力があった。現代の映画監督の何人かは「TVみたいなエーガ撮ってんじゃないよ」って怒られそう。「終」って文字が画面に現れたときには、もう心底びっくりした。こんな終わり方。うへぇ・・・助けて。恐れ入りました。
三国連太郎さんは信仰を捨てた画家の役。拷問にあい、キリシタンの仲間を売らされ、お大尽たちに自画像を描かされ、しまいには見せしめに殺したものを描けといわれるの。えんえんと拷問されてるし。もう苦悩なんてことばじゃ現せない。それを見事に演じてました。追い詰められ方がすごい。一人だけ妙にうまい。あぁ すーさん。

平幹二朗さんに、佐藤慶さんも でていらしたそうですが、どれだったのでしょう。 たぶん、大友柳太朗さんかと思われる 新兵衛が 一番格好よかった。 この時代に道楽してたら、いろいろ見に通うだろうなあ。プロマイドも買うかも。すてき。

白黒作品。101分。500円也。 人に薦めるかと聞かれると疑問だが、見てよかった。好きかどうかよくわからなかったけど この時代の映画の真剣さって貴重。「何億かけて作ったかばっかり言うんじゃないよ、大事なのは映画の質だよ」と大島渚気分で一言いいたくなる そんな映画。(もしかしたら当事としては破格の費用がかかっていたりして・・)

|

« ねぇ おじさま  | トップページ | 左團次(地団駄)踏んで~ジタバタ~ »

コメント

せっかくお誘い頂いたのにすみません。
またぜし行ってみたい物件です。
しかし読んでるだけで(最後まで読んだぞ)すげえ映画だね。
大島渚だったのかー
そういえば大島渚の遺作(まだ生きてます)の
新撰組映画、一緒に見たよね。
なんとも言えない映画だったわけだが...

投稿: noppy | 2007年3月16日 (金) 23時54分

うへぇ、本当だ。あの映画、大島渚だったね。
あれは、なんとも言えなかったねぇ。
昔の方が骨があったよ。(エラソウ)

投稿: かいちょ | 2007年3月19日 (月) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/5715223

この記事へのトラックバック一覧です: 天草四郎時貞:

« ねぇ おじさま  | トップページ | 左團次(地団駄)踏んで~ジタバタ~ »