« 天草四郎時貞 | トップページ | ババン バ バン バン バン~♪ »

2007年3月17日 (土)

左團次(地団駄)踏んで~ジタバタ~

先週は、友人3人と一緒に夜の部観劇でした。もう大騒ぎ。あんまり楽しくって売店を覗く暇さえありゃしない。今日は1人で静かに観劇。判官贔屓 第二段。しみじみ観劇。(休憩時間には、ばったり友人と出会いましたが。) というわけでこんどは昼の部にいってきました。義経千本桜は、昼夜と見る順番が逆になっても、あまり影響ないみたい。
とにかく一番のみどころは仁左衛門さん逸見藤太をなさるってこと。襲名でもないのにどうしてかしら?ご自分のお誕生日月だから?うーむ。おまぬけでも、そこはかとなく格好よかったわん。
鳥居前。私が歌舞伎道楽にはまってしまった記念すべき2000年1月の演舞場で、これかかってました。そうだった。あのとき藤太の亀蔵さんをみてびっくりしたなあ。懐かしく思い返しちゃった。こんなのドリフじゃんって思って好きになったわ、亀蔵さん。こういうお役は本当にいい感じ。 鳥居前の武蔵坊弁慶といえば團蔵さん。てっきり團蔵さんだと思いこんでいたら左團次さんでした。なぜかあまり隈も鬘もしっくりこない。珍しいこともあるもんだなあ。ちょっとびっくり。 福助さんは、出てきただけで姫の風情が出る。何もいわない方がより姫らしさがでるかも。やっぱり違うのだなあ。 菊五郎さんの狐忠信 花道で片足をあげた形がいい(←舞台写真購入)。表情やしぐさでなく狐のかわいらしさが型で出る。そこが若者と違うところ。最後の六法が楽しみでした。3階だけどそこは雰囲気を想像。拍手の感じで ああもう花道の終わりくらいだなあとか想像していました。その人の階級?!にあった楽しみ方で堪能。不思議な空間だわ、歌舞伎座って。
渡海屋・大物浦。いちゃもんをつけにくる歌六さんと高麗蔵さんがよかった。今日は曲げられた刀がうまく鞘に納まりませんでした。魚づくしは妙にゆっくりでおかしかった。魚の名前は聞き取りやすかったけど。 どっしりかまえている女房 お柳の藤十郎はんもよかった。さすが。(また赤い涙を流してらっしゃいました) 大物浦の高麗蔵さんもステキだったわあ。 幸四郎さんの舞台写真、碇の影をバックに血まみれの知盛というのがありました。うまくとれてるなぁ。 この場は心なしか寝てる人が多かった。前一列ねてました。横も。そしてものすごく冷えました。ジャケットをひざにかけマフラーをグルグル巻きにしてポットのお茶を飲んで暖を取りつつ見てました。 最後に花道に一人残る弁慶、法螺貝を吹き魂を弔おうとするところがとてもよかった。急にしんみりジーンとしました。(鳥居前のもじゃもじゃ頭から急に坊主に。怒られたからかしらん)
道行初音旅。 道行。今月の通しでこれが一番よかったかな。(すしやもよかったけど)のほほんとして大げさで、真剣なのだけどのんきで。主役はほぼ3人なのだけど、舞台はちっとも すかすかせず ぱーっと明るい。 芝翫さんはかわいらしかった。3階だったのですがあえて双眼鏡を使わないほうが、全体の雰囲気からでる初々しさがでる気がします。菊五郎さんと2人でのどかでいい雰囲気。菊五郎さんは品のある狐忠信でした。景清の語りのところが、景清の謡をよーく読んだあとだったので とても興味深かった。義太夫や清元に渡すタイミングとかが いろいろ気になりました。堪能。 お・ま・ち・か・ね。逸見藤太登場。しかも従えている8人の花四天がわたくし的に最高でした。先頭は左十次郎さんそして松次郎さんと続くの。まさに選び抜かれた花四天だわ。満足。 藤太はおまぬけなこしらえに隈なのですが、それでもまだ格好つけてる様がなんとも愛らしい。藤太の間が絶妙なの。あとちょっとずれるとまじめになったり、わざとらしくなったりするのに。おもわずにっこりしちゃう、絶妙の間なの。魅せる男だなあ。役者づくしが面白かった。あーぜんぶ覚えておきたかったなあ。あらしコウシローとかあったなぁ。何にひっかけてたのだったかしらん。タイトルの左團次踏んでもここででてきました。ジタバタ。 帰りに藤太の舞台写真を追加購入して帰路に着きました。(権太と藤太の写真の差がすごい!)また来月~

|

« 天草四郎時貞 | トップページ | ババン バ バン バン バン~♪ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左團次(地団駄)踏んで~ジタバタ~:

« 天草四郎時貞 | トップページ | ババン バ バン バン バン~♪ »