« 三歩進んで二歩下がる~ | トップページ | 翁 三番叟 四日之式 三上山 »

2007年4月 7日 (土)

翁 三番叟 三日之式 子宝

世田谷パブリックシアター開場十周年記念「翁 三番叟」公演に行ってまいりました。日賀寿能という形式に則り、日ごとにことなる演式、詞章が異なるそうです。ありがたい~。
今日は、三日之式。子宝でした。 萬斎師の三番叟。翁は銕之丞さん。千歳は銕之丞さんのご子息の淳夫くん。淳夫くんは、120%の力をだして丁寧に必死に演じていました。翁の銕之丞さん、さすが。泰然としてました。荘重。
パブリックシアター特設能舞台は、橋掛かりが三方向に。正面の奥から伸びる橋掛かりの上には注連縄がかかっています。宙に浮いているよう。 翁、三番叟はその橋掛かりから登場しました。現世じゃないところから登場するような、神秘的な感じがしました。退場した時には、光の効果もあり、少しずつ姿が消えていくようでした。
細かい違いがきちんとはわからないのが、残念。三番叟と千歳の やりとり(問答)がたっぷりでした。 烏飛びのところで、最初に後ろを向いてはじまりました。 ほかにもあれ?ここはというところが多々ありました。(気のせい というものもあるのだろうなぁ。) 形式的で、厳かでとてもよかった。 1階で、真ん中の橋掛かりの直線状という超良席だったということもあるかもしれませんが、ホール公演ではないみたいに集中できました。 能楽堂の空間でみるのが最高と思っていますが、これは新しい感じ。(ホールは気が散っちゃうの) 本当によかった。堅苦しいとか仰々しいとかいいたくなるほど、きっちりしていて、それがとってもよかった。神事という感じ。明日は観世榮夫さんの翁に万作師の三番叟。重々しい神事が楽しめそう。今日は、若手のきっちりした神事ですがすがしい気持ちになりました。躍動感があり、盛り上がりました。ワクワクしました。
その上、小鼓頭取は源さま。(大倉源次郎さん) 大鼓は広忠さん(ほほがすっきりなさってました。) もういやが上にも盛り上がります。
会場は暗くして、舞台にだけ明かりがあたっています。入退場の時は、少し暗くして入退場の効果をだしていました。演目中、3回ほど舞台がぱーっとあかるくなった気がしました。
①翁が面をつけて舞い、舞台中央でぱーっと手を広げた時。
②三番叟 揉之段で三番叟が、四隅へ
③三番叟 鈴之段で三番叟の掛け声と小鼓・大鼓・笛とが競いあい、高まりあったとき。
照明の効果かしら。そこは、私がわぁーっとなったところなので演者の力かしら。きっと演者の力ね。なんだかびっくりしました。あー。見ごたえがありました。堪能。

休憩後は、三本柱。久々にみましたがよくできた狂言だなあ。道行をすることで家からポンと山へ行ったり。 のんきさはとびっきりだし、謡いもある。 万作師の難注文に、太郎・次郎・三郎冠者(深田師・高野氏・月崎師)の考えこむ様もよかった。(性格もあっているような・・!?)ほのぼのと幸せな気持ちになりました。 しかし、万作師は笑うのうまいなあ。

|

« 三歩進んで二歩下がる~ | トップページ | 翁 三番叟 四日之式 三上山 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 翁 三番叟 三日之式 子宝:

« 三歩進んで二歩下がる~ | トップページ | 翁 三番叟 四日之式 三上山 »