« 恵みの團菊祭 | トップページ | ビバGW<ギャラリー編> »

2007年5月 2日 (水)

團菊祭初日 昨日の思い出し

「女暫」
初めて、この演目をみたのが雀右衛門さんでした。なので、萬次郎さんよく動くなあと思いました。低めの声ですが、まごうかたなき萬次郎さんの声で、揚幕の奥から「しばらく~」と声が聞こえると、来た来た!って思います。
海老蔵さんの成田五郎。いいですねぇこういうの。とにかく強いぞ!っていうのぴったりなの。でも萬次郎さんには歯が立たずってお役なのよね・・・ 腹出しさんたちは、じーっとしている時でも足の親指をあげてるの。いろいろ観察♪ここでもやっぱり菊之助さんってうまいなあって思いました。なんだあの貫禄って程。
小金丸、大きかったなあ。体が。 萬次郎さんが活き活きなさってたのが印象的。最後のひっこみもキュートでした。舞台番は三津五郎さん。雀右衛門さんの女暫のときは、富十郎さんがなさってました。この役はうまくないとね。うまいと、短い見せ場で、ばっちりきまります。みていてにっこりしちゃう。
「雨の五郎」松緑さんの踊り。すっきりしていました。「三ツ面子守」三津五郎さんの踊り。両方とも長唄・鳴り物さんたちがちょと淋しげ。昼は沢山いたのにな。踊り2題では、そんなに舞台にすいよせられなかった。なぜかしら。
「め組の喧嘩」
2時間の長ーい演目。楽しみでした。なかなか大喧嘩に発展しないの。もう さっさとやってくんな! と思ちゃった。辰五郎の肝が私にもわからなかったのね。頭がいくぞっとなったときには鳶や相撲取りと一緒に熱くなりました。半纏を着るのがかっこいい!待った甲斐がある喧嘩っぷりでした。写真集でよく見る場面がいろいろでてきて楽しかった。人がわさわさでてくるとうきうきします。あっあそこに!ここに!と心中大騒ぎ。動きまくる中、探すので動体視力があがったかも。新七さんや升一さんはやっぱり鳶ねとか、茂之助さんや左字郎さんはなるほど相撲とりかなどと楽しかった。菊五郎さんのお弟子さん達は、やっぱり鳶が似合う。相撲取組では、新蔵さんのひょろひょろさと 左十次郎さんのやせすぎさがおかしかった。(でもかっこいい。) もう、みんな残らず登場?ってほどでてきてうれしくなりました。もうこうなったら、ついでに演舞場の人もみんな出ちゃえばいいのに。大騒ぎ。楽しかった。
成田屋親子が相撲取りの兄弟分で登場したところがよかったわぁ。まってましたー。今月の筋書きの折込ポスターにして欲しいと切に願う。でっけぇ。

|

« 恵みの團菊祭 | トップページ | ビバGW<ギャラリー編> »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 團菊祭初日 昨日の思い出し:

« 恵みの團菊祭 | トップページ | ビバGW<ギャラリー編> »