« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月26日 (火)

高麗屋デー

一昨日、昼夜と通しで歌舞伎座観劇してまいりました。どっちも3階。国盗人熱の余波で途中リタイアかと危ぶみつつ行きましたが、妹背山から船弁慶まで元気に観劇。歌舞伎座は薬効があるのかも。
お楽しみの「妹背山」吉野川だけでなく小松原からあったので、わかりやすかった。昔観た 吉右衛門・玉三郎の妹背山の印象がとっても強かったので、今度は 自分がどう感じるかとやや心配だったのですが、別のタイプの良さを発見しました。藤十郎さんの後室定高が、とってもよかった。型よりも情愛に重心を置いていて、家を守ること、子を思うことに押しつぶされそうになっているのに、がんばって 凛としているという感じがでていて 本当によかった。 愛娘 雛鳥に、言い聞かそうと必死に話してくかせるとことろは早口(普通の人並みの速さですが・・)でびっくり。あんなに早く話している藤十郎さんをみたのは、はじめてかも。我當さん並みのスピードよぉ!?
前回観たときには、自分の思う相手の命を助けたいがため、自分の命の投げだそうとしている娘・ その手助けをする道を選ぶ親 というところが、とても衝撃的でした。 そこに親の切ない思いをみて涙がでました。 首を流して相手に届けるということにも驚愕。 今回は、昔の私は よく理解できたなぁとちょっと驚きました。難しくいりこんでいるのですが、よくできた組み合わせになってます。 前回は、筋をわかったというより、
その場の気持ちを汲み取っただけなのかもしれません。でも その方が、全体がわかるよりもずっと印象深く 心に残るものかもしれない。 見れば見るほど面白いのですが、作品のよさに気付いた最初の瞬間っていうのは、とても貴重な感情だなあとしみじみ感じた。そんなことも思う妹背山でした。 
義太夫も、妹山 背山 とわかれて出て、謡い分け、より一層の盛り上がりました。 本当に見事に歌舞伎らしい大袈裟で壮大で懐の深い装置ですね。
蘇我入鹿って、歌舞伎では王道の悪人ですね。「俺に言うことを聞くきがないなら、お前らわかっているな こうだぞっ」と言わんばかりに桜の枝を叩き付け、花を落としてみせた時に しぇーーー と思いました。彦三郎さん、ほんとに悪人かも。恐ろしか・・
魁春さんの雛鳥に、梅玉さんの久我之助は若々しかった。やるなぁ。雛鳥と久我之助っていい名前、若々しく、悩みもなく大切にされてきた若者っていう響き。そういう のんきさがお二人にはありました。余計悲劇性が増すのでしょうね。
小松原で2人の仲を取り持つ腰元の小芝居が面白かった。でも、いくら悪いやつでも耳の穴に吹き矢(羽根?)を打ってはいけないでしょう。あいたたたたで済んでいていたのが可笑しかった。松江さん、可笑しみのあるお役が多いですね。おにあいでした。
「侠客春雨傘」助六みたいな染五郎さんが、なかなかいいお姿でした。齋くんが場をさらっていきました。幸四郎じいじに言われた通り、ツケにあわせて勧進帳の飛び六法を、体をあまり使わずに表現してました。立派!端整なお顔立ちだし、舞台度胸もあるし、とっびっきり愛らしかったです。
「船弁慶」染五郎さんの静は足さばきがなめらかでした。知盛になってからもきれいな動き。無駄がない。でもそんなに怖くなかった。知盛、そんなには恨んでないの? 菊之助さんや海老蔵さんの気迫あふれる船弁慶をみたあとなので、ややさっぱり感あり。感情で押していくのでなく、きっちりきれいでした。いろいろな表現方法がありますね。 芝雀さんの義経は上品。 後見の働きっぷりにもみとれました。気配り・確認の視線が鋭くかっこいい。
東蔵さんの船長がよかった。軽やかだけど どっしりしていて、怖そうじゃないけれど貫禄がありました。
「閻魔と頼政」で、見分けるのが苦手な歌六・歌昇コンビが赤鬼・青鬼になって登場してきたのが個人的におかしかった。ますます見分けがつかん。高木ブー的な鬼の方が歌六さんでした。
終日3階にいて思ったのですが、”高麗やっ”って大向こうがすごかった。大勢でかけていました。高麗屋親子登場にオペラグラスをさっと上げる観客の多いこと。高麗屋デー? 齋くんの初お目見えはもちろん、高麗屋親子の出番が多かったから当然ですが・・。 幸四郎さんに関しては出すぎでは?妹背山から船弁慶まで、景気よく出まくってらっしゃいました。 うっかり思ったことを口にしちゃあいけませんぜとちょっと思った。つるかめつるかめ。 座布団みたいな背中の持ち主とか、妻から筋書を奪いとる夫とか、革命家(革命家バック保持者)とか、皇室風(サーヤ似)とか、周りの物音がとにかく気になり あっちこっちキッと見まくる人とか いろんな観客が大集合。野球部風の青年が熱心に見入っていたのはグッド!3階には変わった方が多いなあ。ま、人のコトいえないかしれませんがね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

国盗人

初日に、張り切っていってきました 『国盗人』。世田谷パブリックシアターにて。3時間近い大作。
インパクトのある、シンプルな舞台上で、狂言の形式を意識したシェイクスピアは、小難しくて 古めかしくて それが何より面白かった。 あまり観客に親切でなく進行する舞台が、逆によくって気に入った。 すっかり、別次元に誘われました。
白石加代子さんと絡むと舞台がピリッとします。すごいパワー。かわいいとすら思いましたことよ。 呪いまくりでした。あの頭上に手をあげ呪うポーズが秀逸。ちょっと真似してみたほど。
萬斎師は、出ずっぱり ・ しゃべりっぱなし。見放題で嬉しい。 卑屈な感じが面白かった。 卑屈にしても、どこか品があります。 こういう方々は汚い感じにしてみたいという欲望があるのかもしれないねと同行のおさると語りあいました。 衣装も面白かった。硬い感じを柔らかい素材で表しているのがグッド。 もうひとつのお楽しみは、大森博史さん。自由劇場ラバーズなのでね。存在が大きくてよかったわ。もっと活躍してもいいのに。(もっとみせて!) のんきさがいいの。 今井朋彦さんが出演とは。儲けた気分。うまいんだなぁとしみじみ思う。滑舌もいいね。
私はとにかく1部が好きでした。とても気に入った。 2部は派手だし、展開も面白いし、歌謡ショーちっくな場面もあり楽しいのだけれど、せっかくの 詰まったよう独特の世界感が薄くなっちゃった気がします。 もったいないって程ではないけど。やや。
言葉の洪水で、ちょっと昭和っぽい言葉遊びのおかしみがあり、日本語でみるシェークスピアの味がありました。 ぐったりくる大作。 夜 熱だしちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

『吸血鬼 お役者捕物帖』

ありがたや~
おさるから、絶版になり入手不可能な本をいただいました。栗本薫『吸血鬼 お役者捕物帖』(新潮文庫)。
昔、一度貸して貰って読んだのですが、いつものごとくすっかり忘れて楽しみまし た。面白い!
芝居の、江戸の、雰囲気がでてます。出来すぎなほどなんでもできちゃうのですが、そこがまったく気にならないの。
夢さんは誰がぴったりなのだろうなあ。20代のころの玉三郎さんかなあ。物腰は春猿さんでもいいかも。気配がなぁ。
御曹司たちとは違う気配なの。うーむ。考えて楽しめそう。
登場人物たちも、可愛らしい。性格がね。
夢さまぁ~♪ ニヤッってしながら大事に読みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

『着物をめぐる物語』

辛酸なめ子の『ほとばしる副作用』を読んでいたら、ぐったりしてしまい途中で放棄しました。ごめんね、なめ子。いつか読むね。
本棚にあった林真理子の『着物をめぐる物語』(新潮文庫)を再読。ドロドロして清涼感がないのだけど、いいです。着物に付随する代々受け継がれる念のようなものがあって面白かった。底にうっすら悪意のあるような感じうまいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

なまけもの四天王

いや、悪口じゃなく・・・
Photo_24飲み物のおまけに弱い。これはLet'sのおまけ。 4つ集まったので四天王にみたててみました。あまり役にたっていなさそう。弁慶、一人でがんばれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

三人吉三

因縁を色濃く出した「三人吉三」でした。
「悪いこたぁ、できねぇもんだ・・ 」和尚吉三 しみじみ言うところが すべてをあらわしていました。
巣鴨吉祥院の場が秀逸。和尚吉三だけが、まず最初に いろいろな人の話から 因縁を思い知らされる。その知っていく顔つきのいいこと。 この場がこんなによく感じたのは初めて。 悲惨なことになっていくのに ニヤリと笑って引き受けようとする覚悟やあきらめがまざったなんともいえない顔付き。さすが勘三郎。魅せますなぁ。
おとせ・十三郎の2人が、心底頼りにしている顔で、兄 和尚に対して 頼みます・ありがとう と 丁寧になんどもなんども頭をさげつつ、寄り添って去るところは、こちらが事情を知っているが上になんとも切ない。 そこに和尚の 「 なんにも知らず~」 という台詞の効く事といったら。  あぁ。 中村屋親子3人、すごい!うまいなぁ。もう唸っちゃった。
”親の因果が子に報い”って言葉の重みのあること。今まではそんなことを言われてもって思っていたけれど、みていたら仕方がないかもと思った。
コクーン歌舞伎・平成中村座は、NY公演以外 最初から ずっとみてきました。歌舞伎の環境を演出しているという風に感じていました。悪い意味でなく。 自分が江戸っこ気分でみれるのがとても楽しかった。
今回はじめて、串田演出力を強く感じました。ちょっと歌舞伎を壊してきたところが、迫力がありました。 有名な「月も朧に白魚の篝も霞む春の空・・」という台詞のリズム感が、あまり感じなかった。逆に色彩の洪水で、歯車がずれ始めたような感じがして面白かった。
変わった演出が目立つ中、勘太郎・七之助のところは、ひたすらまじめに古典に忠実にやっていて、そこがよかった。黙阿弥のもつ台詞の響きのよさが あの2人のところの
方が 伝わってきたところが面白かった。
大詰めの場、真っ白な中、三人の吉三だけがゆったりと空を斬っている場が、なかなかでした。 決死の覚悟で臨んだことも、天からは ただあがいているにすぎないような。夢だったような。 ここは、橋之助さんが断然きまってました。
気迫にあてられたのか、昨夜 帰宅後は気絶するように寝ました。 いい意味で、ぐったり。
こんどは、古典の通しで 三人吉三がみたくなった。王道のスタイルで。 数年前、團さまの和尚、仁左さまのお坊、玉さまのお嬢でみました。 今みたら 更に面白いだろうな。
附け打ちさんの真横の席でした。うれしかった♪ + 無駄に緊張♪ そっちをみたいほど気になりました。真横だと、さすがに音が響きすぎ。でも そこは 身内気分で?! 堪能。

しかし、黙阿弥ってすごい。三人の吉三に みごとに因果関係がある。家族みんなが因縁にまきこまれている。どえらい話。 黙阿弥万歳!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

『国芳一門浮世絵草紙 侠風むすめ』

河治和香の『国芳一門浮世絵草紙 侠風むすめ』(小学館文庫)を読む。くによしいちもんうきよえぞうしきゃんふうむすめ。長い。 そしていかしてます。
うまい!
江戸の香りがプンプンしてきます。
でてくる職人さんに惚れちゃいます。 暮らしぶりには 日向だけでなく、影もちゃんとあって、それでも生きてるっていうのが根底にあるいい話。 その上、でてくる構図の説明を読み、どんなに素敵な図案なのだろうって わくわくするお楽しみがあります。 好き。 上々吉と極まりました。
国貞も国芳も豊国もだーいすき。これは、国芳の娘が主人公。国貞か堅物として描かれている。そうなの?あの格好いい役者絵や 職人を粋に描く国貞は何三代目のはず。ふーむ。
杉浦日向子さんの『百日紅』を思い出しました。あれは、北斎と娘のあご(お栄)を中心とした弟子の話。後の英泉、善次郎がいましたね。国直が気になったなぁ。 どちらの話も、とびっきりいい。がぜん、浮世絵が気になりだしました。東京国立博物館本館へ堪能しに行きたくなっちゃった。
河治和香さん。また、好きな作家が増えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

「りんこ日記2」

そのまんま!素直なことこの上ないタイトル。写真家、川内倫子の「りんこ日記2」(FOIL)を読みました。 お手製のイカの着ぐるみを着たりんこさんの友人が映ってました。焼いたイカでした。イカ好きの方の誕生日の集いですって。いかしてる。
なかなかのスタイル。 こういうの ありそうなのですが、何か違う。 文のプロで、素人の撮った写真ならある組み合わせなのかなあ。 プロの写真家が携帯でとるのが面白いなあ。淡々としているのが個性ですね。
1冊で半年間のくらしを紹介。時差ぼけの日の多いこと。それだけ海外で活躍しているということなのですね。友人たちもアーティストだし、周りのスタッフも優秀でチャーミングな人が多い。 よーく考えたら、なんて華やかな世界なのでしょう。 でも、よーく考えないと、つい忘れちゃう。 まったくお高く感じないのが、逆に すごいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

「りんこ日記」

Bunkamura 美術館の階にある本屋さんは、美術系の面白そうな本がいっーぱい。他の本屋さんではついぞ見かけぬものがあるので、ついつい散財しちゃいます。
写真家、川内倫子の「りんこ日記」(FOIL)を購入。 りんこ!
携帯でとった映像の下に 18行くらいの短い文章をのせているという形態の日記を発見。なかなかいいスタイル!この独自のスタイルを編み出すというところで、作品の大方は完成ですね。面白いスタイル。気にいちゃった。真似したいわ。
日記マニアとしても、はずせません。プリントだの、姪っ子にあうだの、他人の仕事や身近なことを書いてあるだけなのになぁ。なんか面白い。
とはいえ、木村伊兵衛賞を受賞なさった写真家さんの日常は、普通のシチュエーションではありません。バリバリ仕事をなさっているのですが、なぜか、なんだか普通な感じ意がするところが面白い。
携帯で撮影する手軽さがポイントと著者がおしゃってました。ネットで公開していたものを本にしたそうです。今、こういうのが多いのかなぁ。ばななさんのも、いしいしんじさんのも、しをん大先生のもありますね。でも、この3人のものは 本になってから読みたいなぁ。(本の方を先に知ったという理由だけかも。) 殊能さんのはタイムリーに楽しんでいますけど。
町の本屋さんでは おいてないかもと、念のために2も購入しておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

『ダ・ヴィンチ・コード』下 & 東博「レオナルド・ダヴィンチ展」

先週 『ダ・ヴィンチ・コード』再完読。
物議をかもし出したかもしれませんが、面白いなあ。教会にいったり、絵をみたりしたくなった。うーん。
レオナルド・ダヴィンチ展を、もう一度みたくなっちゃった。 先週 閉館30分前に通りかかったときに、待ち時間が0分になったいたので 滑り込んで、再鑑賞してきちゃった♪ パスポート保持者だからこそできる贅沢。平成館の方は 後日、ゆっくりどうぞと言われました。そんな手があるのね。ビバ パスポート
腰が90度近く曲がった、いつも床ばかりに視線がいくような方が鑑賞にいらしてました。ゆっくりみることができたかなあ。絵画を、どうやってみるのだろう。心配。(←余計なお世話)
展示期間終了まぎわで、もう大変なのに・・ダン・ブラウンめ。 面白すぎるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

パリへ-洋画家たち百年の夢 ~駆け込み鑑賞~

これまた終っちゃう!4月にはりきって購入していた前売りを握り締めて、先週末 東京藝術大学美術館へ文字通り走って行ってきました。 「パリへ-洋画家たち百年の夢 ~黒田清輝、藤島武二、藤田嗣治から現代まで~」を鑑賞。 そういえば、4月末の記念講演にも行きたかったのでした。忘れてた。あーあ。
まずは、黒田清輝の絵画の透明感に驚く。 浅井忠とか梅原龍三郎のような線の強い作品が もともと好きなので嬉しかったのですが、今回の発見は黒田清輝の透明感です。ミッシェル・コランもきれいだったなあ。
お楽しみだった藤田嗣治は、期待をたがわず。さすが。 でも、半分は最近 国立新美術館でみたものでした。「
私の夢」という作品の、どこか毒のある絵画が気に入りました。 この人の白は、みるたびに いいなあと思う。輝いています。
林武の「富士」、社団法人糖業教会のもっている、安井曾太郎の「犬と女」という作品も気に入りました。2つとも、そのままのタイトルだなあ。 安井曾太郎がパリ留学中に書いた裸体のスケッチが2点展示されていました。戦争勃発のため帰国せざるをえないときに捨ててきたスケッチを、現地に残っていた医師が拾って、日本に送ってくれたため残っていたものだそうです。そういうエピソードを読み、残っていてよかったなあと思いながら鑑賞しました。
近くで、ダヴィンチ展をやっているし、上野には沢山美術館・博物館があるし、地理的に一番遠いのですが よく人がはいっていました。 帰りに、敷地内でやっていた『 <<写真>> 見えるもの/見えないもの 』 という展示ものぞいてみました。前衛的で難しかった。その中にも、理屈を越えてきれいだなあと思う空の写真がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

日本を祝う ~駆け込み鑑賞~

サントリー美術館開館記念展-Ⅰ「日本を祝う」が終っちゃう。えらいこっちゃ。
先週末 駆け込み鑑賞してきました。3/30からだったのになぁ。いつのまに・・・ 上等っていう言葉が、よーく似合う空間&お宝たち。いい意味でこじんまりしてます。 くたびれない広さと作品量。 片面に蝙蝠、片面に巴が入った「藍色舟形鉢 薩摩」、綺麗だったなあ。「藍色ちろり」って作品も印象的。名前もいい。一杯のんでみたい。 涼やかな味わいを楽しめそう。
オープンを祝って、会員になりました。ご祝儀よぉ。 好きなだけ、通っていいのよ、何回でもどうぞ、 同伴者1名も つれていらっしゃい!というランクのものに入会。太っ腹。 イヤホンガイドも、貸して下さるの。こちらも、期間中何回でも。 おちついた声で丁寧な解説でした。1つ1つの作品の解説がやや長いかも。聞きたい内容なのですが、やや歩みを止めすぎちゃうかも。 
ロッカーも目立たないデザインですてきなの。目立たなすぎて、通り過ぎて上の階までいっちゃいました。 
スタッフ層は、若いです。 が、声のトーンが控えめで、お行儀がいいの。 こちらも自然と、お行儀がよくなりそう。
次回は「水と生きる」展。 次の次の「BIOMBO/屏風」展と そのまた次の「鳥獣戯画がやってきた!」 がすこぶる楽しみ。 同伴者1名まで無料なので、友や親やいろんな人と、足を運ぼうって思って楽しみしています。 あたくしが、連れて行って差し上げてもよござますよ。ホホホホホ。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年6月 4日 (月)

モディリアーニと妻ジャンヌの物語展 ~駆け込み鑑賞~

4月に前売りを入手して、楽しみにしていたはずなのに・・・・ 気がついたら、もう終了しそう! 先週 あわててBunkamuraに行き「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」をみてまいりました。 彼の作品展というより、彼と彼女の暮らしを紹介という展覧会でした。いい名前。
好きなの、モディリアーニ。
好きな割には、生前、その才能をみとめられることはなかったということ。仲むつまじい夫婦だったこと。彼の亡くなった翌日 身重であり最愛の妻ジャンヌが投身自殺したこと位の知識しかありませんでした。
セピア色の小さな写真の中には、まっすぐでひたむきで、夢と希望にあふれた 力強いまなざしのジャンヌがいました。お下げ髪の16歳の少女。 彼女の作品は、なかなか個性的なものでした。
人物だけを描き、その背景を決して描かなかったモディリアーニ、人物だけでなくその存在(暮らし)そのものを描くジャンヌ。相反するものを描こうと邁進していた、2人だったのですね。 多くのデッサンが出品されていました。その下書きからは、若々しい力強さを感じました。
今回特に印象に残ったのは、瞳の中に黒目が描かれていた作品。そこからはモデルの意志を感じることができるかのように強い眼差し。 その後、モデリアーニの定番ともいえる水色の瞳を持つ作品をみると、作品全体からにじみ出てくる人柄のようなものを感じることができました。 ほぉ。面白い。 瞳・瞳の中の黒目の効果が面白い。どっちがいいではなく、どっちもいい。
モディリアーニのスケッチの背景に、ジャンヌが草木を書き込んだ共作も ありました。ほほえましい気持ちになるものもあれば、看病続きの中、眠りつづけるモディリアーニを描くジャンヌのデッサンという切なくなるものもありました。この人のいない世界なんて と絵が訴えてました。 う-む。 老婦人を描くモディリアーニの作品は珍しかったな。個人蔵が多かったです。 なかなかの展示でした。
そして、ショップで散財してきました。案の定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

少年よ大志をいだけⅡ

また勉強会を開催ということで、ホクホク 参加してきました。やっぱり緊張しました。
前回の「北方ルネサンス」。今回は「死と生」。キリスト教以前と以後でこんなに違うとは。こりゃBC、ADって分けるはずです。今回も、せっかくの勉強会なのに積極的な意見も質問もできず。うーむ。また先生のファンでしたので参加というていたらくでした。ホルバインの大使たちを、丁寧にみていくのが面白かった。去年の6月に本物をみたなぁ。あぁ、これを知った後にみたかった。知ることって 本当に楽しい。 
ボッティチェリのヴィーナスの誕生とプリマベーラを、プラトンの考える生と死というテーマでの解説。私が 知らなさ過ぎるということもありますが、驚いちゃった。この視点をもっていろいろな絵画をみたら、更に面白いことになるなぁ。ほくほく。 ネオプラトニズムとか、日常の生活で言ってみようかしらん。
また 探ったり、比較したり、考察したりという時間を持ちたいなと思ったのに、何もせぬまま3ヶ月たってました。あれれ。とりあえず、今日おもしろいなあと思ったものに関する本を読んで、もっとわくわくしてみようっと。細々とでいいから、継続が大切。
あと、冷静にものごとをみて いかに 小難しくなく まっとうに表現するかってことの大切さについて あれこれ考えました。 ひとりよがりにならないってこと。単純だし、感情だけで生きてるとこ多々あるのでね。いい日になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »