« 『着物をめぐる物語』 | トップページ | 国盗人 »

2007年6月21日 (木)

『吸血鬼 お役者捕物帖』

ありがたや~
おさるから、絶版になり入手不可能な本をいただいました。栗本薫『吸血鬼 お役者捕物帖』(新潮文庫)。
昔、一度貸して貰って読んだのですが、いつものごとくすっかり忘れて楽しみまし た。面白い!
芝居の、江戸の、雰囲気がでてます。出来すぎなほどなんでもできちゃうのですが、そこがまったく気にならないの。
夢さんは誰がぴったりなのだろうなあ。20代のころの玉三郎さんかなあ。物腰は春猿さんでもいいかも。気配がなぁ。
御曹司たちとは違う気配なの。うーむ。考えて楽しめそう。
登場人物たちも、可愛らしい。性格がね。
夢さまぁ~♪ ニヤッってしながら大事に読みました。

|

« 『着物をめぐる物語』 | トップページ | 国盗人 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『吸血鬼 お役者捕物帖』:

« 『着物をめぐる物語』 | トップページ | 国盗人 »