« 『帰ってきた時効警察』 | トップページ | 『ニシノユキヒコの恋と冒険』 »

2007年7月 4日 (水)

『三人目の幽霊』

私が創元社に対してもっているイメージにぴったりな、「丁寧」な一冊でした。おさるのブログで気になった、大倉崇裕の『三人目の幽霊』(創元推理文庫)を読みました。落語ブーム中。
あこがれの出版社に入ったら季刊落語に配属された主人公、間宮緑。わたくし的には、とってもうらやましいシチュエーション。愛すべき古くさ~い世界が仕事場なんて。でも名人の前にでたときの緊張感を紙面からも感じ取り、手に汗握ったけど。
落語の筋をうまいこと紹介して、それが事件とうまいこと からんでいくのですが・・・ 落語の落ちを読むのが、なんだか惜しくなっちゃった。 あーこれ直接聞いてみたい。うー。と思いました。文章がうまいから、こんなこと思うほど楽しめたのだろうけど。
最近は、初見の歌舞伎は 情報を頭に入れずに見るというのがマイブーム。わかるかなぁ?と思いつつ、登場人物と一緒になって、ハラハラしたり、泣いたり怒ったり、おどろいたりと楽しんでます。 超有名な噺なのでしょうがね、知らないの。 落ちが、いかしてるので、あー生で聞いてみたいと思う次第であります。落語シリーズは、第3弾まででているようです。次を読む前に、落語にいけたらいいなぁ。
あの人は、枕はいいのだけどねぇ(聞きかじりのフレーズ)。噺は、どうもねぇ。 とか大きな口をたたいてみたい!?今日このごろです。

|

« 『帰ってきた時効警察』 | トップページ | 『ニシノユキヒコの恋と冒険』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『三人目の幽霊』:

« 『帰ってきた時効警察』 | トップページ | 『ニシノユキヒコの恋と冒険』 »