« 『気になる部分』 | トップページ | 漫画祭り »

2007年8月 3日 (金)

Let's 禅

ほんとうに、ポスターに「Let’s ZEN!」と書いてあったのですって。
7/31からの国立博物館の平成館ではじまった、足利義満600年御忌記念「京都五山禅の文化」展を見てきました。とにかく、期間最初の金曜にいく!というのがマイルールなので。最初の夜間公開日が、期間中で一等すいている日だと思い込んでいるの。
京都五山第二位相国寺の協力を得ての開催だそうです。今年はとかく、相国寺と縁があるみたい。中国風の禅文化が、京都にどのように受け容れられ、定着していったかを辿る展示。
実は禅文化に、そんなに興味があるわけではない。とくに、何も期待せずに向ったのですが、なかなか面白かった。宝物は蔵に保管されているか、参詣者が立ち入り出来ない奥深くに安置されているものらしい。お寺に参詣してみせていただけるのはお庭とか、建物とか、襖絵などだから。いいものは隠してあったのであった!
金ピカに飾り立てられた仏像関連のイメージとは異なり、禅僧はまじめです。渋いというか。そうか、仏じゃなくて僧の坐像なんだ! これが、また、いいの。大発見。 創建当初から、金などつかわない像は、正確には感じ取れてはいませんが 深い思想を思わせ、見ごたえがありました。 
将軍家と五山僧という展示が、一押し。金閣寺の模型を中心にしてあって、あーこれが本来の金閣寺なのだとしみじみ思いました。焼失前のすばらしいこと。
愛知県 實相寺の、南北朝時代の釈迦如来が面白かった。今までにみたことのない質感。京都 鹿王院の十大弟子立像のリアルさも、すばらしい。動き出しても不思議じゃないほど。今の世なら、彫刻家としているのではなかろうか。
東京国立博物館ニュースを読みながら帰宅。「注目!今回展示する作品はお寺では、ほとんど見ることができません。」とかかれてました。面白い企画ですね。お茶会や坐禅会などイベントもいい。
最近は、展覧会をあおりすぎていて いけませんね。正しい展示を見に行ったような気がしました。なかなか。

|

« 『気になる部分』 | トップページ | 漫画祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/7403708

この記事へのトラックバック一覧です: Let's 禅:

« 『気になる部分』 | トップページ | 漫画祭り »