« 『笑う招き猫』 | トップページ | ロマンス »

2007年8月 9日 (木)

『黄色い目の魚』

昨晩、帰りに人形町にでたら「せともの市」をやってました。ああいう屋台が並ぶと、特に欲しくないのに、「何かひとつ。(急須でも)」って気分になります。不思議。 人形町は、いろんな市が立つので楽しい。

ヨンダパンダブックカバーのために購入した、佐藤多佳子『黄色い目の魚』(新潮文庫)を読む。
また、名作と出会いました。
もともと子供の視線という作品は、好きです。「ものを言わない」という、より強い思い・気持ちというものにはっとします。誤解されても、助けがほしくても、なすすべもなく、じっと黙って待っている。待っている気持ちを汲み取れない親。 そういう気持ちを書いたものは数多いですが、これは、秀作。「言わない」気持ちが実によく伝わってきた。 ぐっと噛み締めて暮らしていく様がとても、かっこいい。クラスの子の薄さも、怖さも、うまい。自分の子供時代について考えたりもした。
"みのり"と"木下くん"が、お話の中で繋がったときには、もう鳥肌が立ちました。同じ話なんだ! あと、手紙の威力にも感動。 
大あたり。

|

« 『笑う招き猫』 | トップページ | ロマンス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『黄色い目の魚』:

« 『笑う招き猫』 | トップページ | ロマンス »