« ルオーとグロテスク | トップページ | 横須賀美術館 »

2007年8月15日 (水)

納涼歌舞伎3部

昨晩、歌舞伎座にて納涼歌舞伎3部を鑑賞。裏表先代萩。裏表ってなんだろうとおもいつつ鑑賞。お稽古仲間と師匠ご夫妻との観劇でしたので、最初からウッキウキ。歌舞伎も、歌舞伎座も、売店も何もかも楽しんでいただなくっちゃ!と空まわりするほど。
前回観た通し狂言の時は、このヒトはあのヒトだったと 思い返しつつみる。そうすると、筋も面白いようにスラスラと思い出す。(こういうことでは、記憶力抜群になります。仕事では全くいかされていないのに。)そういえば、前回 あのお裁きの場で、仁木弾正だけ、どうして裸足だったのだろう・・
最初の花水橋の場は、同じ仕様。七くんは、福助さんだったなぁと全くもって余計なことをかんがえつつみる。次の場は、途中で、これが、栄御前がもってきた献上の菓子の中に入れた毒ね!など、あれこれ はっとしつつみる。橘太郎さんが端整でした。
もう、勘三郎さん出すぎ!他の方にもお役をまわしてあげたらいいのにと思う程。うまいのだけど、いかんせんですぎ。ひとつひとつお役を印象深く演じることで、不思議なことに 1つ1つの場面の話の印象が薄くなってしまった。なぜだかわからないけど。どれも、濃すぎて逆に、全部が薄く感じるというか。ちょっともったいないかな。正岡と八汐の場は、あれ?もっとよくてもいいのにって思った。なんだか短かかったから。
でも、思い返してみると最後の決闘の場もいいし、お裁きの場もいいし、殺しの場もいいの。不思議だなぁ。
あと、舞台であんなに大きいのに、花道をでてきたところでは、勘三郎さんとても小柄で、改めてびっくり。かわゆらしいほどでした。
伽羅先代萩を何度もみてきたからこそ、表と裏のぐあいが面白いなぁとしみじみ思う。初見の人にはどう写るのかな。
仁木弾正は、勘三郎さん、男之助は勘太郎さん。親子競演。最近、勘太郎さんをみるたび、うまいなぁとうなっているのですが、今回は若いなあと思った。男之助や仁木弾正ってむずかしいのだなあ。あんなに短く台詞も少ないところで、がっちり魅せなければならないのだもの。
今回は、2等最前列の花道端に座って観劇。仁木弾正のひっこみをこんな風にみたのははじめて。イヤホンガイド利用者からの一口メモで、雲の上を歩いているような歩き方としりました。ほぉ。 じりじりと腰をひくく じわじわ迫ってくる様が、腹に逸物ありそうで、妖術使いそうな迫力がありました。本当の蝋燭の灯りにとともに、あのジリジリ歩みくる姿が、目にやきついた。

|

« ルオーとグロテスク | トップページ | 横須賀美術館 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 納涼歌舞伎3部:

« ルオーとグロテスク | トップページ | 横須賀美術館 »