« 谷中散策「朝倉彫塑館」 | トップページ | ルオーとグロテスク »

2007年8月12日 (日)

納涼歌舞伎第2部

納涼歌舞伎第2部鑑賞
3階なので、浴衣で鑑賞。切符の売れ行きからみてみると、第2部が一番人気らし い。こちとらも、張り切って出かけました。
『新版 舌切雀』渡辺えりこさんの歌舞伎作品をみるのは2度め。勘三郎襲名前の勘九郎さん最後の舞台『今昔桃太郎』の時にも感じたのですが、もうてんこもり。てんこもりすぎ。あの人のこの人のいいとこ見て見てと、ぎゅんぎゅん。舞台転換の間もどっかで踊ってたり。お気持ちはわかりますが・・・。つねに大勢の人がでて、それがみんな動いてしまうと、歌舞伎らしい所作が活きないなぁ。ちょとグダグダしました。面白かったのですがね。派手だし。派手すぎだけど。うーん。思い切ってばさっり1/3ぐらいにするとどうでしょう。途中で何も関係なく、勘三郎さんと三津五郎さんの善玉悪玉の踊りがちょっと出てきました。うんまいねぇ。 
『ゆうれい長屋』2部最初は、ゆうれい長屋。これがいい話。みんな浴衣いっちょうの長屋話。桶やの三津五郎さんちの隣は、秀調さんの魚屋。おかみさんの右之助さんが、ちょっと三津五郎さんちにいったりすると妬くの。かっこいい。早くけぇってこいって呼ぶの。 みんな職人でね。いかしてる。 いい話だなあとおもったら山本周五郎さんでした。5月の泥棒と若殿もよかったなぁ。なまけもの弥六が、どうどうと「働くのだけはごめんだよ」といったりするのだけど、憎めない。あっちもこっちも憎めない。そして、又蔵(勘三郎)は、ジーンとするようなことをいうの。幽霊なのに。あの間がすばらしい。 みんな達者だし、いい話だし、満喫。これからも、もっと山本周五郎作品が歌舞伎でかかるといいなあ。気に入りました。声に出して笑っちゃった。

観劇後は、浅草へ。いしいしんじ氏の文章にでてくる「Gallery ef」へ。気になっていたの。ジョエル・ビトンの映像インスタレーションを鑑賞。絨毯に映し出される庭を、その絨毯に乗って鑑賞。自分の影になったとこだけ、映像が映るの。??? おかしい。 帰りにはみ出すほどの天丼を堪能し、満腹のおなかをさすりつつ、都営浅草でびゅーんと帰宅。

追記;
舌切雀で舞台上で琴をひいてました。途中、胡弓もひいておられました。あと一つで阿古屋じゃんって静かに思った。

追記2;
舌切雀はえりこちゃんの強い思いは感じとりましたが、したいことがつまりすぎ。愛が大過ぎとでも申しましょうか。 がんばれ、えりこちゃん!じゃなくて、がんばりすぎないように がんばって!
逆に、本来の歌舞伎の絶妙な舞台配分の妙を実感しました。 

 

|

« 谷中散策「朝倉彫塑館」 | トップページ | ルオーとグロテスク »

コメント

>かいちょさま
ワタクシは初日拝見しました。楽しかったですね。豪華でにぎやかで綺麗で,何もかも凝ってまして,意気込みを感じました。お江戸の方がうらやましいです。

投稿: とみ(風知草) | 2007年8月14日 (火) 11時49分

とみさま
初日に終日通しなさったのですね。まさに、観劇トライアスロン。 舞台も客席も売店までも熱気にあふれてましたもの。おつかれさまです。
3部制のため短いので、いろいろな友人を誘うのにいいなと思います。心なしか、劇場に足を運んだということをウキウキ楽しんでいる方が多いように思います。そんな友からのいろいろな質問にハッとしたりして、歌舞伎座にいることが、より楽しくなります。
ここに歌舞伎座があることは、本当にありがたい。しみじみかみしめました。

投稿: かいちょ | 2007年8月15日 (水) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/7513089

この記事へのトラックバック一覧です: 納涼歌舞伎第2部:

« 谷中散策「朝倉彫塑館」 | トップページ | ルオーとグロテスク »