« 稚魚の会 歌舞伎会 合同公演 | トップページ | ねにもつタイプ Ver.弐 »

2007年8月25日 (土)

『ねにもつタイプ』

久々に泳ぐ。体が鈍ってるのがよくわかる。調子はあがらないけど、きもちいい。
ABC本祭で購入の岸本佐知子『ねにもつタイプ』(ちくま書房)を大事に読む。 ちょっと怖いくらいの不思議さがいい。吹き出すトコと、怖不思議な文が、変則的に、
登場。合間合間に、あぁ、これがクラフトエヴィング商會の作品なのねという挿絵をも堪能。クールな顔して、変わった頭の中だなぁ。けっこう気に入った。そういえば、お顔が真矢みきさまに 似ているような。トップスター顔?
トークショーの質問コーナーでも、翻訳家になりたい人に 一度は勤めることを薦めていらっしゃいましたが、本書でも何故勤めることを薦めるか書かれてました。うらやましくらい?!個性的な人が、その職場にはいらっしゃいました。そして岸本さんは個性的な体験を呼び寄せる人だと思う。けっこう働いてきましたが、そんな体験ちょっとしたことない。うひゃー。かなわない。そして、説得力がありました。こんな人を同期に欲しい。あと素晴らしい妄想の数々の中に、ものすごーくわかるものが。というか、それ!知ってる。というのものが。 しをんせんせいとは別な感じで、新たな妄想師匠を発見。これからも読ませていただきます、せんせい。 

|

« 稚魚の会 歌舞伎会 合同公演 | トップページ | ねにもつタイプ Ver.弐 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ねにもつタイプ』:

« 稚魚の会 歌舞伎会 合同公演 | トップページ | ねにもつタイプ Ver.弐 »