« 憑神 | トップページ | めがね »

2007年9月 5日 (水)

『ぬしさまへ』

歌舞伎に、はまった友より、後援会 茶話会話をきかせてもらう。当日のおみやげなどもみせてもらい、ちょっとした お宝鑑定團ゴッコになりました。披露するお宝がないのが残念だわぁ。

大事に、ちょっとずつ読んでいましたが、とうとう読み終わっちゃった。畠中恵『ぬしさまへ』(新潮社文庫)。明るく愉快なのだが、背中あわせになっている哀しさ、淋しさがきちんと描かれており、とくに切なさが秀逸。妖(あやかし)だって恋をする。人と同じ。死なないからこそ辛いことがある。その途方もない時の長さが、運命的であり、なんとも哀しい。
電車で読んでたら、泣けてきちゃったので、その後は おうちでゆっくり ちょっとずつ、胸をキュッとさせながら読みました。特に松次郎の件がね。終わり方の淡々とした書き方と裏腹に、おなかの中がぱぁーってあったかくなった。
お給料が出たので、意気揚揚と『ねこのばば』も購入しておく。

|

« 憑神 | トップページ | めがね »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ぬしさまへ』:

« 憑神 | トップページ | めがね »