« 『白夜行』 | トップページ | フェルメール »

2007年9月27日 (木)

青木繁

ふらっとブリジストン美術館に寄ってみました。小1時間しかないけれど、先月購入の「ぐるっとパス2007」で入場できるので行っちゃた。会社からテクテク歩いていけるしね。20時まで がんばって開けてくれてありがとう。
充実の常設展で、いつも同じ絵画を見る。展示されているの部屋が違う。あれ?壁の色も違う。雰囲気が変わるなぁ。伺ってみると一部色を変えたそうです。展示場所は企画展にあわせ、年2,3回変えているそうです。いつも同じような気がしてました。ブリジストンにあるものは、万人が好きになるものだと思う。素直にきれいといえる。いいものしかない。すごいなぁ。今回は、ピカソってうまいんだなぁってしみじみ思っちゃった。
ジャコメッティを前から横からながめ、藤田嗣治の白の輝きを きれいだなぁと思い、紀元前13世紀なんて木棺をみて本当?と驚く。いいモノは、飽きないね。
今回の特別展示は、青木繁と<<海の幸>>6作品。これだけ?と思ったら、28歳でその生涯を閉じた画家とのこと。充実した制作活動ができたのはわずか21~25歳のわずか4年間。貴重。大切に眺めた。
上品でいい美術館。ほんとうにいいものをもっているなぁ。

|

« 『白夜行』 | トップページ | フェルメール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/8138520

この記事へのトラックバック一覧です: 青木繁:

« 『白夜行』 | トップページ | フェルメール »