« 鬼が笑うけど | トップページ | 姉さん事件です »

2007年10月13日 (土)

自虐の詩

試写会に、またまた連れていってもらう。今回は「自虐の詩」。中谷美紀が出ていることしか知らずに向かう。開演前に、原作が4コマ漫画と知る。???
ひゃー泣かされました。中学校時代の場面に、友 熊本さんが出てくるのだけど、このあじーな感じにまた、泣かされました。嫌われ松子の中谷美紀もよかったな。この人が、辛い境遇を演じると、うまい具合に、そうじゃない良さ出る。阿部寛が相手役。「あんたー」とか「アニキ」としか言われてなかったので、最後の方にイサオだったのかと知る。とにかく大きかった。キャスティングがなかなか。西田敏行ろか、カルセールとか、遠憲とか。あと大阪ファション(強面編・おばちゃん編)がすごかった。
幸せとか不幸とか、そういうのを超えたよ。すごいなぁと思いつつ帰宅。

|

« 鬼が笑うけど | トップページ | 姉さん事件です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/8384898

この記事へのトラックバック一覧です: 自虐の詩:

« 鬼が笑うけど | トップページ | 姉さん事件です »