« 『クワイエットルームへようこそ』 | トップページ | ムンク展 »

2007年11月 1日 (木)

『オペラ座の怪人』

歌舞伎座初日ですね。鶴瓶が歌舞伎座で落語なんかやるから もぉー。みなさま、3日くらいしかお稽古できないのではないかしらと余計な心配をしてみた。余計なお世話だなぁ。

邦非映非連 亜流活動。『オペラ座の怪人』をみてきました。
うっすら話は知っていましたが、詳細不明。気になってました。歌舞伎座の怪人(←俳優祭)は見に行きましたけれどもね。
結果。私の知っていたことは、あの音楽だけでした。驚いた。あと、歌ってばっかりなのにも驚いた。感情は歌で!喜びも悲しみももう、何もかも歌で!ミュージカルか!(ミュージカルだけど) タモリになんか言われそうなほど歌ってました。 時代がかっていてよかった。予備知識のないものって、いろいろ驚きがあって楽しい。
途中、かなりサスペンスでした。EだのDだのと書かれた映画館の床ばっかりみてました。怖いんだもん。もう結果だけでいいの。過程は恐ろしいから。
俳優祭の怪人は、生きてない人(というかずーっと生きている人)なんだもの。生身の人間の哀しさとか、芸の持つ魔力とか、そういうものが描かれているとは。 こういう話だったのか。
すっかり外人にうとくなり、出演者は 存じ上げない方ばかり。主人公は、色白で薔薇色の頬の美少女でした。子爵より、怪人の方がステキじゃんとかいろいろ思う。 いつもは、出演者に惹かれて見に行くことが多いのですがね。 面白いものは面白いねぇ。 何か影がありそうとか、何かやらかしそうな人が、その通り影があったり、何かやらかしたり。いいねぇ。 貴族は、常に白いフリフリのシャツを着るのね。馬に乗るのね。サーベルを持っているのね。いちいちその時代感がよかった。
オペラ座の舞台とか、楽屋の様子とか、裏方さんとか、そういう世界 大好き。 いろいろなところがとても面白かった。
しかし、本当に見事な曲。名曲だなぁ。

|

« 『クワイエットルームへようこそ』 | トップページ | ムンク展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/8718326

この記事へのトラックバック一覧です: 『オペラ座の怪人』:

» オペラ 座 怪人情報館 [オペラ 座 怪人ファンクラブ]
オペラ 座 怪人のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 06時56分

« 『クワイエットルームへようこそ』 | トップページ | ムンク展 »