« 吉例顔見世大歌舞伎 夜の部 ~千穐楽~ | トップページ | ござる乃座 38th »

2007年11月28日 (水)

『恩はあだで返せ』

逢坂剛の『恩はあだで返せ』(集英社文庫)を読みました。ただただ、気楽に読める一冊。読書後、解説を読んでいると 逢坂氏の作風とは真逆の1冊らしい。大津波悦子さんの解説で「いい意味で、肩透かしをくらうはずです。」と。 あれ?特殊なのから読んじゃった。 これって、はじめて読んだ三島由紀夫作品が『レター教室』だったのと似た感じ?最初に、その人らしいものを読まずに 異種なのから手をだしちゃった。 面白かったので結果オーライです。
御茶ノ水署生活安全課保安二係 斉木係長と梢田刑事という 幼馴染だけど階級の違う2人のデカ(男)に、才媛の五本松小百合巡査部長が加わる。 「五本松もご一緒してよろしいでしょうか。」なんて、会話も楽しかった。肩肘はらない愉快もの。

|

« 吉例顔見世大歌舞伎 夜の部 ~千穐楽~ | トップページ | ござる乃座 38th »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『恩はあだで返せ』:

« 吉例顔見世大歌舞伎 夜の部 ~千穐楽~ | トップページ | ござる乃座 38th »