« 『楽屋のれん』 | トップページ | 『永遠の出口』 »

2007年11月 7日 (水)

『清談 佛々堂先生』

服部真澄の『清談 佛々堂先生』(講談社文庫)を読む。 
冒頭のひんやりとした導入部分がいい。主人公の なんともいえない もやもやとかあきらめのような悩みごとが、ある人の 実に見事な手法により、その才能を開花させるべき課題とむきあえるように仕組まれていく。 そのつわものこそが、佛々堂先生なのだ。
何人もの行き詰まった主人公たちがでてくる短編仕立てのこの小説。 どの短編にも、きっと先生が登場してくれるに違いないとわかっていつつも、毎回 主人公と一緒に その現状に 途方にくれたり、やられた ! ( いい意味で ) と 思ったりした。 
あぁ もっと読みたい。
こりゃあ また、いいものと出会っちゃった。日本人に生まれてよかったと思う一冊。気に入った。

|

« 『楽屋のれん』 | トップページ | 『永遠の出口』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『清談 佛々堂先生』:

« 『楽屋のれん』 | トップページ | 『永遠の出口』 »