« 『一の糸』 | トップページ | Xmas »

2007年12月23日 (日)

平成19年歌舞伎納

12月歌舞伎座 夜の部 夜の部をみてきました。
寺子屋にジーンとする。とてもよかった。一番前マジックも手伝ったけどね。源蔵夫婦の、松王夫婦の気持ちが手に取るようにわかる。首実検なのだから、あんなにわかりやすく 気持ちが伝わっちゃうのはどうかとも思うけど。芯がよくわかる芝居だった。それぞれの夫婦の間の空気もよかった。どちらも、あつい夫婦でしたので、調和がとれてました。休憩後、また寺子屋が始まってもうれしかった程よかった。海老蔵・勘太郎夫婦、いいなぁ。海老蔵さんは、苦みばしった苦難の人が似合う。支える勘太郎さんのけなげさがいい。間がいいし。うまいねぇ。 松王の吐露の場がよかった。じーんとした。 源蔵の「せまじきものは宮仕え」が、わたしにはすごくよかった。あぁ、こういうつもりで言っていたのかと、新たな発見があった。(うまくいえないのだけれど)
ふるあめりかに袖はぬらさじの玉さまに驚く。芸のある人のすごさをしみじみ感じる。今までみたことのないような玉三郎さんを堪能。すぐに熱くなっちゃう海老蔵さんの佐藤もキュートでした。
濃厚で満足な歌舞伎納めとなりました。

|

« 『一の糸』 | トップページ | Xmas »

コメント

はじめまして。私も昨日(22日)の夜の部が今年最後のお芝居でした。勘三郎の松王丸は泣き笑いが優れていましたね。実検も底割れを排してしっかり演じていたように思いました。最後、首桶にそっと右手を置いているしぐさに親心を感じました。ちょっと気になったのは福助の千代。泣きすぎで松王丸の芝居を邪魔しているように感じました。初日に観たより源蔵夫婦も腕が上がったように思います。お園の演技が玉三郎の真髄だと思います。「梅ごよみ」の仇吉・「日本橋」のお孝などにも通じるところがあります。【敬称略】(PS)文中、首実験ではなく首実検ですね。「降る」も「ふる」ですね。失礼しました。2008年も良い観劇で値千金・万金でありますように。

投稿: うかれ坊主 | 2007年12月23日 (日) 10時54分

うかれ坊主さま

はじめまして。
まず、最初に。間違いを教えていただきありがとうございます。首実験→首実験、降る→ふるに訂正致しました。

私も、初日にも観に行きました。同じ日に観劇だったのですね。いい芝居をみたなぁと大満足で帰路に着きました。今年も、沢山の芝居を観て、楽しい一年になりました。

「2008年も良い観劇で値千金・万金でありますように。」いい言葉ですね。こんな風になりますように。

投稿: マイチィ☆ | 2007年12月24日 (月) 12時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年歌舞伎納:

« 『一の糸』 | トップページ | Xmas »