« 落ち模写、年賀状を作るの巻 | トップページ | 『NIWA』 »

2007年12月11日 (火)

愛い奴、湯湯婆

Photo ゆたんぽを買ってもらいました。湯湯婆と書くらしい。アバラ骨みたいな見た目で、なかなかのやり手。
本当は、ドイツ製のが欲しかったの。友人宅で使わせていただいて、その保温性にびっくりしたので。カシミアでできたカバーにくるまれたものは、△万円でした。あぁ、無理。あたくしの手元に届いたのは日本製。ゆたんぽ(湯湯婆)と書いてありました。結構な量のお湯を飲みたがり(案外ずっしり)、朝までアタチのことをあっためてくれるの。愛い奴じゃ。寝るときには、お布団から出してと注意書きが。イヤよ。低温ヤケドなんかしったこっちゃないわ。一緒に寝るわ。
朝は、そのお湯で顔を洗って出勤。それだけで、正しく生きている気までしてくるの。なんだか楽しい。電気毛布よ、さようなら。

|

« 落ち模写、年賀状を作るの巻 | トップページ | 『NIWA』 »

コメント

>かいちょさま
大人気で生産が追いつかないとか。
ワタクシメは,毛布とも無縁で,冬でもお布団に木綿のシーツ。スリーピングソックスのお世話になったこともございません。しかし,ユタンポは気になっています。
千と千尋のユバーバを連想させる漢字なのですね。

投稿: とみ(風知草) | 2007年12月11日 (火) 12時32分

うちはずっとゆたんぽを愛用しています。
初めのうちはレンジでチンするタイプを使ってたのですが
(確かゆぽんとかいうネーミング)
あれには寿命があるので、
スタンダードなゆたんぽに切り替えました。
カバーはフリースで作りました。
ワタシにはゆたんぽの栓はきつくて取れないので、
専ら連れ合いが用意してくれるのを待ちます。
ゆたんぽの中のお湯が冷えたら、植木にあげてるみたい。
どうよ、黒革?

投稿: noppy | 2007年12月12日 (水) 00時39分

とみさま

大人気なのですか。ゆたんぽ。ほぉ。
それよりも、びっくり。毛布とも無縁なんて。
すばらしい。
寒がりのわたしは,いつも着膨れています。

千と千尋を連想。なるほど。
わたしは、たんたん麺ってこんな字だったかしら?って考えちゃいました。くいしんぼ。(坦々麺でしたね。)

(このたび、マイチィに名をかえてみました。襲名?!)

投稿: マイチィ☆ | 2007年12月12日 (水) 01時26分

まいりました。
もうグーの音もでません。
つ・れ・あ・い
まぶしすぎて、もう目もあけていられません。

Noppyのゆたんぽに、名前をつけてあげる。
「ぬっくん」
どうよ。(いぢわるしてやった!)

投稿: マイチィ☆ | 2007年12月12日 (水) 01時30分

きゃー「ぬっくん」て!
ランニングから乳首が見え隠れする感じ...
そんなゆたんぽはイヤーーーー

今日もひとり鍋ののっぴ坊でした
(ほんとはさみしいおさるちゃん)

投稿: noppy | 2007年12月12日 (水) 23時02分

「ぬっくん」見ても、ユーのコト思い出すってどうだろう・・・


投稿: マイチィ☆ | 2007年12月18日 (火) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/9346763

この記事へのトラックバック一覧です: 愛い奴、湯湯婆:

« 落ち模写、年賀状を作るの巻 | トップページ | 『NIWA』 »