« 『天国はまだ遠く』 | トップページ | 新春浅草歌舞伎 »

2008年1月12日 (土)

雷神不動北山桜

Photo_2 そろそろ補充しないと・・・と思い!?演舞場へ。またみてきちゃった。
あれれ?諸手を挙げて万歳になってる!初日にみたよりも、すっきりとした点もありました。日々、進化しようとしているのだなぁ。すごいなぁ。
この経験が、人を大きくしていうのだなぁっていう「何か」が、あちこちにあった。いいものに立ち会っているのだなぁ。いろいろな場面を覚えておこう。後見で働く姿も、みているこっちに伝わるような緊張感がある。本当は、空気のように処理なくてはいけないのかもしれないけど、そういう姿美しいなぁと思う。
早雲王子のすごい立廻りで、はしごを使う場面のところをみていて、何があっても絶対に守りますので、まかせてください!っていう気迫がすごかった。絶対に信じられるな、この人達だったらって思いました。感動しちゃった。
座頭も、豪語するだけのことはある。参った。かっこいい!
今回の通しで、鳴神と毛抜きのつながりが、よくわかっておもしろかった。だから、鳴神上人は、あんなに怒ってらしたのね。粂寺弾正は、こんなに大手柄だったのかとか。一回みた後、またみると、更によくわかる。あーそういう意味の眉間のシワかとか。何度も観る意義を発見。(←自分を肯定化したいだけだけどね。)

写真は「たねやさん」のしょうゆもち。しょうゆの塩気と餡が絶妙。どうして、三升がついているのかなぁ?なにはともあれ、成田や万歳!

|

« 『天国はまだ遠く』 | トップページ | 新春浅草歌舞伎 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雷神不動北山桜:

« 『天国はまだ遠く』 | トップページ | 新春浅草歌舞伎 »