« 新春浅草ガチャピン | トップページ | 『いとしのヒナゴン 下』 & いとしの玉さま »

2008年1月14日 (月)

『いとしのヒナゴン 上』

重松清の『いとしのヒナゴン上』(文春文庫)を読む。この間読んだ『くちぶえ番長』が、すこぶるよかったので、期待して読む。なんぼでも期待して読みんしゃい!って力強い本。
比奈町に出た未確認生物を巡って起こる騒動を、石井信子(ノブちゃん)の目を通し、その当時の人達の人柄重視に振り返る。登場人物のおっちゃんたちは、イッちゃんだの、ドベだの。間の抜けて、うらぶれて、底力のある愛すべき、ものすごいおっちゃんたち。ノブちゃんの同級生、ジュンペだの西野くんなど やや若いチームもいい。登場人物に、おおいに肩入れながら 町の騒動ぷっりを手に汗握り 読みすすめる。
お役所ものって、もーどーしてそうなのあんた達!って腹の立つものが多いけど、これはなんだか、反対。どー考えても、変な方を応援したくなる。効率化がなんだ!心じゃぁ われぇ~ そんなお話。 『いとしのヒナゴン 下』が待ってる也。楽しみ也。

|

« 新春浅草ガチャピン | トップページ | 『いとしのヒナゴン 下』 & いとしの玉さま »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『いとしのヒナゴン 上』:

« 新春浅草ガチャピン | トップページ | 『いとしのヒナゴン 下』 & いとしの玉さま »