« パン | トップページ | 2月歌舞伎座 昼の部 »

2008年2月18日 (月)

漫画祭・立春

引き続き、部屋を片付けたり、来週の遠征の仕度をしたりの土曜日。
来週は大阪にいるかと思うと、気合が入ります。
コツコツ。
息抜きに、おさるに貸していただいた漫画を読む。こっそりと。なぜかこっそりと。
磯谷友紀『本屋の森のあかり』(講談社)1,2
すばらしい。あぁ。学生時代、どうして本屋さんでアルバイトをしなかったのでしょう、わたくしは。この大変さを、体験したかったなぁ。
(一度、有隣堂の棚卸という一日限りのアルバイトをしました。棚の上から黒電話が アタクシの頭の上に落ちてきて大層痛かった。)
大変な重労働まで、「本のためだから」という思いで乗り切る登場人物達にうっとりとする。
色恋沙汰はもちろん言うことないのですが、結構大事なコトがあちこちに書いてあってなかなかの漫画でした。
おさるくん、いつもサンキュ。

|

« パン | トップページ | 2月歌舞伎座 昼の部 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漫画祭・立春:

« パン | トップページ | 2月歌舞伎座 昼の部 »