« 狂言劇場 その四 | トップページ | 『ブルータワー』 »

2008年3月25日 (火)

『夢のような幸福』

しをん大先生の新刊。エッセイ。やったぁ。本屋さんで発見。喜びいさんでレジへ。そうしたら、ゴム鉄砲をうたれました。新人くん(研修中バッチ付き)が本に輪ゴムをかけようとして誤ってアタクシにとばしたようです。謝りつつ笑いをこらえてました。こっちも つい笑っちゃった。輪ゴムが取り持つ縁は、ありませんでした。
三浦しをん『夢のような幸せ』(新潮文庫)。
以前より ちょっと洗練されたかしら、という妄想を堪能。いやぁうまいなぁ。素人の妄想とプロの妄想の間に流れる大河を感じた。嵐が丘の感想もすごい。あたくしも以前、松たかこさんが演舞場でなさった時に、ものすごい話なことに驚いて再読したもの。こんな風に人に紹介したら、みんなエミリーブロンテ再読しちゃうわ。筋が描かれすぎていると、たいてい余計なお世話よ と思う。そこまで書いちゃったら、自分で読む楽しみがなくなるじゃんと。そういうのを超えている書きっぷりが素晴らしい。筋を超えて、もう物語です。すでに。
欲しかったブラウスが手に入らなかった時に、自分を納得させようとするあの考察力。ワンダフル。以前のエッセイで、コムデギャルソンのドットのワンピース購入を、価格が阻んだ話を よく思い出しますもの。入手困難なくやしさを、こんな風に楽しめるなんて。アタクシもあきらめざるをえないことが多いけど、こんな風に壮大にくやしがって楽しみたいわ。
ブラック・ダリア、アタクシも読みましたのに、そんな想像は できなかったわ。 あー まだまだね。
バクチク(バンド)をどこまでも見に行く話が、すごく好き。遠征モノ。わたくしどもなんてまだまだ。待ち合わせ場所の蜜柑の木とか、登呂遺跡の前でのぼやきには、吹き出しました。
そう。あたくしったら、電車の中で読んでいたの。噴出しそうになることしばし。ロード・オブ・ザ・リングのことでは、我慢できずに顔を本に押し当て、そのページに鼻の油がついちゃいました。 もうっ。
自宅で、こころゆくまで声にだして笑って楽しみました。
笑いつつ うまいとうなる。お友達もすごいし。たまらん。
これからも、ずっと一生 本が出たら買います。 文庫の時だけでごめんね、しをんセンセイ。

|

« 狂言劇場 その四 | トップページ | 『ブルータワー』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『夢のような幸福』:

« 狂言劇場 その四 | トップページ | 『ブルータワー』 »