« ♪こんぴら ふねふね~ | トップページ | ただいま。 <その弐> »

2008年4月10日 (木)

ただいま。 <その壱>

帰ってきちゃった。
足止めをくいたかったなぁ。「本州へ戻ること固く禁ずる」みたいなお触れでも出たら、喜んで従ったのになぁ。
なんとかとれた芝居の切符が、初日でしたので前日から乗り込み。お練りもみることができました。瀬戸大橋開通二十周年とやらで盛大でした。

001_2行きは飛行機で。天気がよく富士山がくっきり。富士山をみると、どうしてうれしくなっちゃうのだろう。
到着して、まず「うどん」。
2年前にきたときに、旅館の方に教えていただいたうどん工場併設のうどんやさんへ。1杯100円だった うどんが、130円になってました。大変なのね。でも、まだこの値段!そして、おいしい!
003 前回、奥所まで登ったので、今回は善通寺にいってきました。弘法大師空海 御誕生所らしい。お寺もなかなかでしたが、門の近くの大きな楠の木がよかった。1300年くらいたっているそうです。「頼もしい」を形にしたら、こんな感じでは。印象深かった。
金比刀羅宮の桜並木を歩いたり、金丸座の下見をしたり(見るだけでもうれしい)、参道を覘いたり、灸まんじゅうを食べたり(お茶とセットで200円)のーんびり。
お練りまで、あと1時間なのに・・・町にはあまり人もいない。あれれ?と思っていたら、どこからか、人がわんさかわいてきました。あと15分というときには、お練のスタート地点はぎゅうぎゅうに。篠山紀信さんをみつけたりしながらぎゅうぎゅうになって待ってました。。
お練開始。海老蔵さん・右之助さん・市蔵さん・男女蔵さん・亀寿さん・松也さん・右近さんの順に、人力車にのって登場!ぎゅうぎゅうの中、TVカメラの後ろからの割りには、よくみえました。先頭の座頭 海老蔵さんは、驚くほど愛想良く ひざにたまった紙吹雪を投げ返したりして、ニッコニコでした。しかし、格好いいなぁ。ごきげんでした。キャーキャー言って見送りました。3人でそれぞれデジカメを持って撮ってみました。002_2 これは、母のとった雰囲気よく写ってもの(役者は影もなし)。お練りは1時間ほど、町中を廻りました。ハーメルンの笛吹きのようについて行きたくなっちゃった。宿で教えてもらった道順から考えて、ゴール近くの橋の上に移動。こんぴら船ふねの音楽にのって、町内会のご婦人の踊り。年配のグループになると、勝手にやめちゃったりして面白かった。浴衣軍団とか、着物軍団とかどんどん続くの。このまちには女性は全員参加なのだろうか。 踊りをながめたり、地元の人とお話したりしているうちに(地元でも切符をとれなかったそうです)、お練りの役者軍団が帰ってきました。わーい。 もう、くたびれてるかと思ったら、まだニッコニコ。 母と2人でいちいち名前を呼んでキャーキャー喜んじゃった。(デジカメはにぎりしめたまま。) 呼びかけると、丁寧にみなさまこちらをみて下さるの。母娘感激。大満足。 父は人混みに押し出されつつ、一人で写真をとってたみたい。両親がこんな人込みにつきあうのイヤがるかしらとちょっと心配してましたが、喜んでました。
あー楽しかった。
前回は、金刀比羅宮 宝物館にいったので、今回は高橋由一記念館へ。豆腐の絵画がみたかったの。ところが、他館に貸し出し中とかで 由一の作品が、1点もありませんでした。由一記念館なのに!? 人間国宝第一号の濱田庄司さんの特別展を開催していました。堀尾幹雄コレクション。すばらしい。焼き物のことは、全然わからないのですが、魅力的なものばかりでした。展示ケースも、シンプルでみやすいものでした。作品の邪魔をしないのに、ちょっと格好いい。伺ってみたら、特別にあつらえたものだそうです。ここのテラスから、参道の桜が一望できます。なかなかの見所です。テラスだけでしたら、拝観料は不要です。おすすめ。母が急に、一個焼き物が もらえることになったらどれにする?と聞くのでかなり真剣になって選んだ。
帰り道に、湯巡りクーポンを活用し、金丸座近くの旅館の きれいな温泉のお風呂にいってみました。露天風呂には、バラが。バラ風呂を好きじゃない女子はいないわ。
宿で、たらふくご馳走をいただき、こんどは宿の温泉へ。
翌日は、こんぴら歌舞伎だし、幸せだったなぁ。

|

« ♪こんぴら ふねふね~ | トップページ | ただいま。 <その弐> »

コメント

おかえりちゃーん!
本州に戻れなかったら歌舞伎座に行かれないよ?

一個焼き物が もらえることになったらどれにする?
という質問にDNAを感じました。
やっぱり似てるね!親子って。

ご両親もお喜びとのことで、マィチィいいことしたね!
いつかはワタシもご一緒したいです。

投稿: noppy | 2008年4月10日 (木) 18時59分

DNAかも。
案外、父も「じゃあコレ」とかいって選んでました。
やっぱりこっちにすると選びなおしたりして一家で楽しみました。館内のお客は3人だけでした。貸切?

あーそうか。
帰ってこれなかったら、歌舞伎座にいけなかったわ。
盲点だったわ。
そうなったら、関所破りするとこでした。
あー つるかめつるかめ。
(どんどん年寄りくさくなるなぁ)

死ぬまでに、一緒に行こうね。
北欧とこんぴら。
(京都・台湾の旅のときみたいにセットにせずに、それぞれ行こうね。)

投稿: マイチィ☆ | 2008年4月10日 (木) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/20078348

この記事へのトラックバック一覧です: ただいま。 <その壱>:

« ♪こんぴら ふねふね~ | トップページ | ただいま。 <その弐> »