« 大人の歌舞伎 | トップページ | 『チーム・バチスタの栄光(下)』 »

2008年4月15日 (火)

『チーム・バチスタの栄光(上)』

気になってたけど、なぜか手にとらなかった本。海堂尊の『チーム・バチスタの栄光(上)』(宝島社文庫)を読む。
バチスタって、左心室縮小小形成術の手術の名称なのね。創始者であるR・バチスタ博士の名前をとって。難しい手術(大雑把)ということはうっすらわかってましたが、なんだかスターバックに関係しているかも?って勘違いもしつつ!?読みました。(バリスタは、コーヒーのプロらしい)
病院内のものって面白い。医師もののドラマが面白いように。映画では田口医師は、なぜ竹内結子なの?好きだけど。だって、女子じゃん。なんて思いつつも、結構ぐいぐい読む。あんまり急ぐと、帰り道に読むものがなくなっちゃうので、なるべくゆっくり読もうと思うが、面白いのでつい、ぐいぐい読んだ。田口先生と一緒になて、いろいろ考えながら(推理しながら)、読んじゃった。
うすい本。(皮肉でなく、実質的な本の厚みが。) なのに、なぜ上下巻にする必要があるのだろう。本多孝好の『真夜中の五分前 side-A』『真夜中の五分前 side-B』Bは、薄い本だが、分ける意味がちゃんとあった。下巻を読めば、納得するのであろうか。下に続く。

|

« 大人の歌舞伎 | トップページ | 『チーム・バチスタの栄光(下)』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『チーム・バチスタの栄光(上)』:

« 大人の歌舞伎 | トップページ | 『チーム・バチスタの栄光(下)』 »