« いろはにほの字 | トップページ | 『東京DOLL』 »

2008年4月22日 (火)

『写楽殺人事件』

あー明日でこんぴら歌舞伎も千穐楽ですね。初日にみたのが、もう遥か彼方のできごとです。どうなってるのかなぁ。みたいなぁ。夏祭りがどうなったかなぁ。海老蔵さんのお辰は、すこし柔らかくなったかしら。がっちりしてたもの。でも好きだけど。さっぱりとした浴衣に着替えた団七 格好よかったなぁ。団七と義平次の長町裏の場面、もう一回みたいなぁ。なんで、もう一回分取らなかったのかしら。いや、あれだってやっとのことで手に入れた切符だったのだわ。千穐楽の日のイベント、三味線餅ってなにかしら。あー 確認しに行きたいなぁ。

高橋克彦の『写楽殺人事件』(講談社文庫)の読み直し。再読とは思えないほど、新鮮なのは何故かしらん。びっくりするほど。殺人事件があったことすら忘れてた。(タイトルに書いてあるけど?!)写楽とは、実は誰なのか。大学に残り、浮世絵の第一人者とされる教授のもと助手として、研究に励む津田が、古書店から、1冊の文献をもらう。その序文から、推測が始まり・・・画人の名前がでてくると、名前に聞き覚えがあるのに作品がすぐ思い浮かばず、あーどういう絵だったかしらと思う。そこを把握して読めば、もっと面白いのだろうなぁ。 子供のころ、大人の仕事は全部 研究だと思っていた時代がありました。遺跡発掘みたいなイメージ。この本こそ、子供時代の私の思う「大人の仕事」です。でも、世の大人全員が研究してたら、世の中回らないじゃん。
えー!え?えー!の連続で、今回の読み直しもまた楽しませていただきました。また読もうっと。
ちょっと今、東北にいきたい気分。もちろん!研究に。(秋田の康楽館の歌舞伎公演とひっかけて なんて・・・)

|

« いろはにほの字 | トップページ | 『東京DOLL』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『写楽殺人事件』:

« いろはにほの字 | トップページ | 『東京DOLL』 »