« 『東京DOLL』 | トップページ | 成田山 開基 1070周年記念 奉納 »

2008年4月24日 (木)

『むかしのはなし』

三浦しをん先生の『むかしのはなし』(幻冬舎文庫)を読む。
昔話を下敷きとした、六つの短編集。はなさかじいさんとか、かぐや姫とか。各章の扉に、昔話のあらすじがまとめられている。「~無理難題を突きつけた。クリアできた人はだれもいなかった。~」 その、まとめ方もいい。
昔話からくるインスピレーションのようなものを、作品から強くは感じない。が、観念的に通じるところがある。教訓くさくない。その匙かげんがうまい。
短編集じゃなくて、もっと読みたいと思わせるところで、止めるところがいい。
と思っていたら・・・やられた。ソコがそういう伏線になっていたのか。参った。うまい。7つの物語のもつ、「つながり」に驚愕した。
人との温度が実にうまい。そういう未来の日に比べたら、今の世の中のうまくいかなさかげんまでが、いとおしくなる。みごとな一冊でした。

|

« 『東京DOLL』 | トップページ | 成田山 開基 1070周年記念 奉納 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『むかしのはなし』:

« 『東京DOLL』 | トップページ | 成田山 開基 1070周年記念 奉納 »