« 我が魂は輝く水なり | トップページ | 漫画祭・初夏 »

2008年5月10日 (土)

ルオーとマティス(と海老蔵)

またみてきちゃった、歌舞伎座昼の部。母と。驚くべきことに、もう海老蔵知盛 進化していました。魁春さんが自害してからの心情の具合がすばらしい。泣きそうになりましたことよ。 あと、出てくるだけででっけぇ人です。母が「千両役者ね」と言っていました。同意同意。

松下電工汐留ミュージアムで 開館5周年 ルオー没後50年 特別展『ルオーとマティス』をみてきました。明日11日まででしたので、けっこうな賑わい。あのミュージアムでこんなに沢山の人をみたことはありません。といっても、東博や国立新美などとくらべたら、超みやすい。
会場入り口で、ばったりと知人と再会!?びっくり!?お仕事をなさっているそうです。ミュージアムで働くことができるなとは、なんとも うらやましい。元気そうで何より。あうことができて、うれしかったなぁ。(母と2枚分 招待券をいただいちゃった♪ありがと♪)
ここは、いつも構成が面白いなぁと思っています。今回もなかなかでした。ライトのあて方のすばらしいこと。照明は お手のものとはいえ、本当に見事。
ギュスターブモローのアトリエという最初のコーナーの絵画にびっくり。これがルオー?マティス?ついでにモロー? というタッチでした。サーカスという題材でのルオーとマティスの版画集の展示もなかなか。
ルオーの深みのある色の威力。マティスのデッサンのすごさというのは、わかっていたけど やっぱりすごかった。 マティスの、ルオーの、あまり知らなかったタッチの作品(じっとみているとマティス、ルオーらしさがでてくるけれど)たちが特に面白かった。
マティス展を見に行った時のことや、ルオーとグロテスク展を見に行った時のことを思い出しました。そのときの記憶を呼び覚ましつつ 鑑賞。 今回、作品のテーマや色づかいの類似を取りあげ、うまいこと並べすぎ(導きすぎ)ていたかなと思うところもあった。 そんなに類似しては、いないと思う。みんな違ってみんないい、的な。ちょっとだけ思った。 でも、この2人の作品を並べる展示は、なかなか面白かった。 疲れすぎず、ものたりなくない適量。今回も、楽しみました。

|

« 我が魂は輝く水なり | トップページ | 漫画祭・初夏 »

コメント

ど~もでした!ついに本当に見事に「バッタリ」しちゃいましたね~♪
ありがたくも、おめでとうございます(笑)。
帰りのご挨拶を・・・と思ったのですが、人ゴミと化して紛れちゃってまして・・・失礼いたしました。
久しぶりに昼夜観ちゃって「疲れた~」とかいいながら、
おのぼりさんは渋谷で朝早くまで(笑)楽しく飲んでしまいましたとさ。

投稿: 恵美 | 2008年5月12日 (月) 11時33分

恵美さま
こちらこそ、ど~もでした。
ほんとうに、バッタリできましたわね♪
名古屋出身の母とも?!
興奮さめやらぬ知盛後にバッタリなんて。うれしかったです。
昼夜のあと、朝早くまで!?お飲みになられたとは。流石!師匠と呼ばせて下さいませ。
観劇後に、飲むこと程楽しいものはありませんものね。楽しそう♪
おさるともども、またの機会を楽しみにしておりまーす。

投稿: マイチィ☆ | 2008年5月12日 (月) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/20881439

この記事へのトラックバック一覧です: ルオーとマティス(と海老蔵):

« 我が魂は輝く水なり | トップページ | 漫画祭・初夏 »