« 三三・吉弥 二人会 | トップページ | 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS »

2008年6月12日 (木)

新薄雪物語

昨日の歌舞伎座、6月昼の部鑑賞覚書。新薄雪物語、3幕4場。じっくりとみることができてなかなか面白かった。
薄雪姫と左衛門は、芝雀さんと錦之助さん。おっとりしていて 品がありました。ちゃんと幼い感じがでていました。
奴妻平(染五郎さん)が、きりっとしてよく似合ってました。桶をもった奴たちがいっぱいおしかけてきて(意趣返しらしい)の大立廻り。よく考えてあって全体的にきれいでした。成田やさんや音羽やさんちのお弟子さんがでてくると、人ばっかりみちゃうので。形の美しさを、よくみました。
刀鍛冶の団九郎(段四郎さん)が、左衛門を陥れようと画策する場。新清水花見の場。豪華な舞台にたった一人で、ゆったりと左衛門の奉納した刀に細工する。なんだかいいなぁ、こういう時間の流れ方。無駄に豪華!?妙に気に入った場面でした。 この画策を見咎める来国行が家橘さん。出るやいなや殺害される。今月はいい人だったのね。なんで首に小柄がささったの?と思ったら・・・・全ての悪の陰謀の首謀者である秋月大膳(富十郎さん)が手裏剣を投げたらしい。いつのまにか花道七三にいらっしゃいました。
お小さい方々ですのに、とっても大きくみえました。さすが。
大膳は、薄雪姫から左衛門への艶書を拾う。3階から双眼鏡でみましたが、あの艶書をもらっても、私は中身を読み取れないなぁ。刃物の絵の下に心って書いてあるの。教養がないと恋もできないのね。心配だわ。
この序幕、面白かった。
休憩後、「幸崎邸詮議」。左衛門が、薄雪姫のもとに通ってくるところが、かわいらしい。くねくねして。(誉めてます。)柱の影とかに隠れあって、ちょっとづつ近づくの。これ、いろいろな若手の方でみてみたい。この場だけ7パターンくらいみたいわ。微笑んでいられるのはここまで。後は、辛い思いをじっくりと見せる芝居になります。
薄雪姫・左衛門に、謀反の疑いがかかり、薄雪姫の父 幸崎伊賀守(吉右衛門さん)、母 松ヶ枝(魁春さん)、左衛門の父 幸園部兵衛(幸四郎さん)もその詮議に呼び出される。上使の葛城民部(富十郎さん)と大膳の弟の秋月大学(彦三郎さん)が詮議をする。富十郎さんの詮議を、彦三郎さんは生ぬるいと厳しく罰しようとする。あれ?なんで?富十郎さん、悪の親玉なのに。敵をあざむくには、まず見方からなの?と思っていたら・・・。富十郎さん、民部って言われてる。大膳じゃないの? なんと別の人を演じていました。あまりにも存在感があるので、深読みしちゃった。富十郎さんったら、調子がいいわ。今はいい人なのね。 いい人の方の富十郎さんの差配で、左衛門を幸崎家へ、薄雪姫を園部家へと それぞれの家に預けて詮議することになり幕。
最後、三幕目。園部邸広間の場。やっと芝翫さん登場。左衛門の母、梅の方。もっと芝翫さん祭りっていうぐらい登場するのかと思ってました。友右衛門さんの、奴袖平。男らしい奴にびっくり。いつもおっとりしたお役なので。高麗蔵さんの腰元 呉羽は、こんな腰元がいてくれたら安心っていう心根のいい腰元でした。 
芝居は大詰め。大膳の陰謀であることはあきらか。だがその証拠がない。若い2人が、六波羅に捕らえられては もう助かる見込みない。それをわかった上で、それぞれの家に子供を預け詮議を命じたのだ。 子を思う親の気持ち、相手の親も同じような道をとってくれるのであろうか。 うー重い。辛い。苦しい。重厚な芝居。 最後の合腹の場で、「あっコレ、前にみたわ」と気づく。2時間以上経過してやっと気づく。 以前は、この場の意味がわからなかった。筋はわかるけど、この場があまりにわからなくて逆に印象に残っていた。ちょっとわかるようになったかも。特に吉右衛門さんのおさえた感情から、伝わるものがありました。一目母にあいたいと門前まで訪ねてくる錦之助さん、心乱れる母 芝翫さん、そこをぐっと諌める吉右衛門さんの大きいこと。 芝翫さんの母としてオロオロぶりもじーんとしました。
実は、序幕の薄雪姫と左衛門が福助さんと染五郎さんの手引きで恋仲になるところ、遅刻して見逃しました。幕見して確認しようかしら。序幕、よかったもの。 奥書院 合腹の場は、見ごたえがあったけど辛いので、月に一度でいいです。(普通、月に一度しかみないのかしら・・・)
いいお芝居でしたか、いかんせんつらい。そこで最後に踊り「俄獅子」。芸者 福助ねえさんと、鳶頭 染五郎あにいが、粋なの。そこへお約束の立ち廻り。いいわぁ。纏を使ったり、床机を使ったり、傘をつかったりと、なかなか凝ったものでした。明るい気分で歌舞伎座をあとにしました。今月は、昼も夜もくらーいものの後に、ぱぁーっと明るい踊りでしめてます。いい気分で帰ることができていいですね。

|

« 三三・吉弥 二人会 | トップページ | 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新薄雪物語:

« 三三・吉弥 二人会 | トップページ | 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS »